しんどくならないホームページの運用。改善はちょっとずつやっていくのもいいですよ。


お客さんがSEO会社と揉めているようです。
これまでPPCやってたけど、PPC止めてSEO会社にお金をつぎ込んだんだけど、
結果が出ないからSEO会社と揉めてる。
直接のお客さんじゃないから、どういう契約でなぜもめているのかは聞いてないけれど、
検索順位が上がらなかったか、アクセスが増えなかったかだろうね。
相談してくれたらよかったのに・・・。
結局、SEO会社側がFTP情報くださいって話になって、内部施策するそうなんだけれど、何してくれるのかちょっと興味ある。
キーワード増やす程度だと思うけれど、ガチでライティングでもしてくれるのかな?

ホームページやブログでコンテンツを増やすときに僕がやってること。
絵をかくときと同じように、大ざっぱに初めに作って細部を詰めていく。
そんな感じで作っています。
仕事でお客さんのページを作るときはちゃんと設計から初めてやっていきますが、
あくまで個人的に管理しているサイトについてはこうやってやってますよって話です。
本来はいろいろと調査をして設計して、ターゲット決め手ってやる方がいいけれど、
そこまですんのもめんどうくせえって気持ちわかります。
なので、別のアプローチを。
既にこれまでのブログでも断片的には書いていますが。

まずはとりあえず書きたいことを書き綴る。
テーマとか検索されたいキーワードぐらいは考えておきましょう。
もちろんできる範囲でターゲットとか決めて、わかりやすい流れとか、見やすくレイアウトとか入れる方がいいけれど、
そんなにいろいろと考えなくてよくて、とにかくそのテーマやキーワードで記事を書いてみる。
書くことに集中できるので誰にでもできていいですよ。

書いたらどうなるか、アクセスがありますよね。
どんなキーワードで来ているのかとかがわかります。
その中で、自分が来てほしかったキーワードで来ているか確認。
もしくはそれに近かったり、目的のキーワードを変えたっていい。
「SEO」について書いたつもりでも、意外にも別のキーワードで検索が多いってことはよくあります。
その場合は、一番アクセスの多い別のキーワードに乗り換えるのもあり。
新ためて決めたキーワードに沿って記事をリライトしたり、目的のキーワードであれば加筆します。
このあたりでキーワードが決まってくるので、そのキーワードで上位表示されている競合サイトを研究してもイイでしょう。

キーワードが決まってくるとタイトルとdescriptionを変えましょう。
この2つはSEO上かなり重要なので、決めたキーワードで検索されるようにタイトルを作り直します。
もちろん、検索画面に出るのでクリックされやすいタイトルにすること。
中身よりも見出しが大切!?タイトルだけでアクセスを増やせる!
タイトルってこんなに大事だったの?アクセスが増えない原因はタイトルかも!

人がそこそこ来るようになれば、せっかく見に来てくれている人がいるんだから見た目とかちょっとはよくしましょう。
今のコンテンツの内容のままでいいので、レイアウトを変えたり、文字に色を付けたりわかりやすくします。
文字ばっかりより画像があった方がいいので、テーマに合った画像を配置してみたり。
既にコンテンツがあって、見た目の改善に集中できます。
既にみてくれている人がいるので、モチベーションも違います。
もちろん、それにあわせてリライトしたってオッケー。

これをひたすら繰り返す。
コンテンツはもっと内容をわかりやすく詳しくなるようにリライトして、
見た目も細かいところにまでこだわって調整していく。

いきなり細部まで作りこむと時間もかかるし、
時間をかけて作ったものが大失敗だったということもある。
一発で正解を出すのには、しっかりとした準備が必要。
ホームページやブログは何度でも書き直せるんだし、
自信のある範囲で、もしくは無駄になっても許容できる範囲で繰り返していくといいです。
正しい方向に進んでるか確認しながら進めていくのは、一発で正解を出そうとするより簡単です。

お客さんのホームページの制作では、いろいろと制約が多いので手順に従って制作していきますが、
お客さんによってはこのようなやり方で進めていくこともあります。
意外にこのやり方でやったお客さんがうまくいくということが多いです。
それはたぶん続くからですね、一発で正解出しに行くのはかなりしんどいしうまくいくとは限らない。
でも、このやり方だと少しずつ結果を見ながらなので、進んでる方向がわかりやすくて続きます。
一つ一つの工程もそんなにしんどくないので続けれます。

うまくいかなくてもイイや、くらいの気持ちでコンテンツを作ってみて、
結果を見ながら軌道修正してゴールへ向かっていくのもいですよ。

大阪のホームページ制作会社YCOMの制作サービスのご紹介