レスポンシブ対応のホームページ制作

Responsive

たくさんのデバイスで閲覧される可能性のあるホームページ。
レスポンシブデザインによるスマートフォン対応は集客や運用に今や欠かせません。

Importance

業種によってはスマートフォン対応は必須の技術

スマートフォン検索の割合
スマホでの検索が
6割を超える!
PCだけでは半分近くのユーザーを逃すことになります。
ポイント

この割合は業種によって違います。
店舗や病院など、日常使うようなサービスはスマホの割合が高くなります。
逆にBtoBのようなじっくりと探すようなサービスはPCの割合が高くなります。
どちらにせよ、少しでも多くのお客さんに見てもらうにはスマホ対応は欠かせません。

What's Responsive

レスポンシブサイトっていったい何のこと?

スマートフォンを含めた多デバイスで表示を最適化する方法は2つあります。

  • デバイスごとに最適化された各URLを用意する
  • レスポンシブデザインによる1つのURLでの運用
ここでおススメするのはレスポンシブデザインを使ったホームページです。
レスポンシブデザインによるホームページは1つのURL,1つのHTML(ソースコード)で運用。
アクセスするデバイス(解像度)によって表示を切り替える方式です。

レスポンシブサイトでは、1つのソースコードで管理するので運営の効率がよく、コストを抑えた運用が可能です。
10万円パッケージプラン

Merit

レスポンシブデザインで制作すると何がいいの?

SEO
SEO

外からの流入に効果あり
スマホ用に最適化をすることでスマホで検索したときのGoogleでの評価が上がります
スマホでの検索ユーザーもホームページに取り込みたい場合はスマートフォン対応は必須といえます。

SEO
見やすさ

コンバージョンが上がる
見にくいホームページより、見やすいホームページの方が問い合わせや購入につながりやすいです。
スマホ対応をしていないホームページでは、目的のものを探すのにも一苦労。
売り上げにつなげるための大切な項目です。

SNS
SNS

SNSでの拡散に重要
多くの人に知ってもらうために、SNSによるホームページの拡散効果をぜひ利用したいものです。
SNSを見る環境はスマートフォンやタブレットなど様々です。拡散した全ての人に見てもらうためにはレスポンシブ対応は必須です。

メンテナンス
メンテナンス

運用管理のコストが抑えらえる
レスポンシブデザインで制作したホームページは、1のHTMLで運用が可能です。
デバイスごとの変更が不要で、複数のデバイスに対して1つのファイルで運用できるため、運用コストが大きく下がります。

Price

レスポンシブ対応のホームページにかかる費用はどれくらい?

レスポンシブホームページ

レスポンシブデザインでは、ページのHTMLは1つでURLも1つになりますが、
制作の段階ではそれぞれのデバイスに応じたページを作ることになります。

スマホ対応のためにには、スマートフォンでの表示レイアウトに対してもデザインを用意する必要があります。
タブレットの対応も必要な場合は、タブレット用にもデザインやレイアウトが必要で、
デバイス別に制作するのに比べて費用は安くなりますが、それでもパソコンページだけの場合に比べると費用が上がります。

様々なデバイスが出ていますので、全てのデバイスに対応していてはお金がかかりすぎてしまいますね。
まずは、PC用とスマートフォン用の2つの対応から始めていきましょう。

スマートフォン対応の料金

すでにお持ちのホームページをレスポンシブ対応にしたい場合

今のページそのままでレスポンシブ(スマホ)対応

リニューアルなしでホームページをスマートフォン対応 リニューアルなしで
スマートフォン対応
一般的にはレスポンシブ対応にはPCサイトのリニューアルが含まれます。
ホームページをリニューアルせずに、これまでのサイトのままレスポンシブ対応を希望される方は、こちらのサービスもご確認ください。

低予算で少しずつレスポンシブ(スマホ)対応

リニューアルなしでホームページをスマートフォン対応 ご予算に合わせて
少しずつスマホ対応
スマートフォン対応したいけれど、いきなりすべてのページをスマホ対応するほどの予算はない・・・。いずれはしないといけないスマートフォンページ。重要なページから徐々にスマホ対応していきませんか。
まずはご相談から、ホームページを作るのがはじめての方も気軽にお問い合わせ下さい。
0120-899-952
メールでのお問い合わせ 無料お見積り