これをやっていけば確実にアクセスが上がっていくホームページの運営の仕方。


プライム会員で無料なので、Kindleでトランプの本を読みました。
1ページ1つくらいでトランプ言葉が載ってて、誰でも読みやすいと思う。
これだけ読むと、いい経営者って感じ。
やっぱり経営者ってインプットの量がすごいね。毎日新聞や雑誌を何冊も読んでる。
かかわりたくないタイプの経営者だけれど、あの性格をうらやましくも思う。
プライム会員の人はよかったらどうぞ。

1年くらいはまじめにブログを書いていると思うけれど、
それなりにアクセスは増えてきたのと、こうすればアクセス増えるっていうのはやっとわかってきた。
実際にやるのとは別だけどね、まだまだ僕はできてない。
頭でわかっていることと、実際にやるのは全く違うからね。
自分でも早く行動に移さないとと思っていますが、
これまでブログを書いてきてわかってきたことをいくつか。

ホームページにアクセスを集めようと思ったら、コンテンツをひたすら作るのがいいと思う。
書いたコンテンツがことごとくヒットする人はいいけれど、ほとんどの人はそんなことないので、
誰でもできるアクセスの集め方みたいなのを書いておきます。
これまでにもたぶん触れている内容なんで、
目新しいものではないかもしれなけれど、日を改めて書くとまた違った書き方になるかもしれない。

打率10割で、コンテンツ作れる人なんていない。
でも、打率が高い人と低い人はいて、このブログ見てくれている人とかはたいてい打率は低いよね。
ブログの場合は記事を書くのはタダなんだし制限があるわけじゃない、
だったらバットを振る回数を増やしましょう。
コンテンツをたくさん作ったら、当たる確率が低い人もたまにはヒット打てるかもしれない。
これは何事でも言えることだけどね、ありきたりな話だけど大切。

たくさんのコンテンツを書いていると、
その中で必ずコンテンツの優劣ができます。
で、そのなかでアクセスを集めているものを集中的に改善していきます。
初めは何が人気出るかなんてわかりません。
だからとりあえず書くんです。
そしたら勝手に結果が出てくるので、その積み重ね。
釣り糸をいろんな餌使ってたらして置いたら、そのうちいくつかあたるでしょ。
当たった餌をヒントにさらに工夫していくと当たる可能性も高くなる。

昔からロングテールSEOってよく言われてたけれど、
それは1000人の人を集めたければ、1000人来るページを作るより1人しか来なくても1000ページ作ればいいってこと。
コンテンツが増えるとキーワードも増えるから、一つ一つは小さくてもトータルではアクセスは増える。
それは今でも効果的だと思うけれど、それだけじゃ弱くて、
一般的には、一部のコンテンツが全体のアクセスの多くを占めるようになります。

アクセス数の割合

このサイトだって全体で何百と記事があるけれど、
全体の50%が、たった5ページのアクセスが占めるんだ。
つまり、ちまちまと小さなアクセスを集めるっていう戦術だとなかなかアクセスアップにたどり着かない。
ちょっとでも見込みのあるものは、さらにアクセスを集められるように改善していくといいです。

ブログ記事ならリライト、WEBコンテンツならABテストとかしながら、
アクセスが特に多いページは、それを分析して改善するといいです。
できればちゃんと解析しましょうね。
なぜアクセスが多いのか、キーワードとか調べればユーザーの求めていることがわかる。
それを中心にリライトすれば、もっと役に立つページになります。
もっと言えば、そのキーワードとかで競合サイトをリサーチして、
その競合サイトよりいいものに仕上げることができればいい。

それを繰り返すと必ずアクセスは上がるし、
その中でアクセスを集めやすい記事ってどんな記事かがわかってきます。
そしたら、だんだんとヒットが打てる記事が増えてくる、つまり打率が上がってくる。
打率が上がって、記事も同じくらいのペースで書けるとしたらどんどんアクセスは上がっていきます。
そこまでは難しくても、ここで書いたことをすれば必ずアクセスは上がります。
必要なのは、忍耐、根気、やる気かな。

やるべきことがわかっていてもなかなかできないもんです、
できることからやっていきましょう。