上位表示だけではない、少ない金額で売り上げを上げるホームページとは



弊社のホームページも最近はSEO効果が現れてきています。
目的のビッグキーワードで2ページ目の上位に上がってきて、
もう少しで1ページ目に表示されるでアクセスの増加を楽しみにしています。
お客さんも当然、検索で上位を狙いたいという要望が多いですが、
売り上げはアクセス数だけで決まるわけではありません。

アクセス数=売り上げのように思われている方が多いのかもしれませんが、
むしろ他の要素のほうが重要かもしれません。
売り上げというのは以下のようにいくつかの要素に分けることができます。
 売り上げ=アクセス数×コンバージョン(成約)率×単価
売り上げは各要素の掛け算で出てくるので、
いくらアクセス数を稼いだところで他の要素のどれかが0であれば売り上げはゼロです。
そこに気づかないといくらアクセスを増やしても意味がありません。
毎日何千人と人が来るサイトでも、コンバージョンにつながらないと意味がないですね。
数ページ作っただけでとりあえずSEOを強くして検索されるようにしてくださいといわれることも多いのですが、
仮にSEOで上位に上がっても、それが売り上げにつながるわけではありません。
お金をかけてSEOをしていくのはいいですが、成約につながらないとお金の無駄遣いになります。
コンバージョン率を上げる工夫をしていきましょう。

コンテンツを充実させる
コンバージョン率を上げれば、少ないアクセス数でも売り上げを上げることは可能です。
では、どうやってコンバージョン率を上げるか。
ホームページの質を上げて、お客さんに欲しいと思わせるのが一番です。
あなたのホームページは見やすいですか。
申し込みがすぐできるようにわかりやすく構成されていますか。
そしてなんといっても買いたくなるようなコンテンツを作っているでしょうか。
アクセス数が少なくても、みんなが欲しいと思うような商品であれば十分な売り上げアップにつながります。
コンテンツを充実させれば、SEOも今まで以上に効果が出ます。
むしろ、コンテンツを充実させることによってそれ自体がSEOにつながります。

アクセス数ばかりではなく、コンテンツの内容にも同じくらいに気を使うようにしましょう。

ターゲットを絞る
SEOに関係することですが、ターゲットを絞るということも大切です。
いくらアクセス数が多くても、商品やサービスに興味が無い人が来てもしかたありません。
初めに書いたようにアクセス数がそのまま売り上げにはなるわけではありません。
商品に興味のある人にアクセスしてもらうのとそうでない場合とでは当然コンバージョンにも影響してきます。
入り口の部分でいかにターゲットを絞り込めるかというのも大切になります。
アクセスした人がすでに商品やサービスに興味がある人であれば、
売るのはそんなに難しくは無いでしょう。
SEOをかけるときにはキーワードも十分に考慮して行いましょう。
少ない投資で大きな効果を得るためには疎かにはできませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です