「SOHO」とか「フリーランス」のキーワードで集客アップできる?


ホームページのSEOのためのキーワード選びって非常に重要だけれど、
効果はあっても思いつかないキーワードってたまにあるんです。

先日、あるイベントで
「SOHOとかフリーランスってキーワードは意外に問い合わせつながりやすいんですよ~」
なんてことを言われていた。
そっかー!!なるほど。

人は誰でも最小限の努力で最大の効果を狙いに行こうとするので、
いきなりビッグキーワードを狙って、効果的なSEO!みたいなことを考えたりしますが、
このブログでも何度も書いていますが、ビッグキーワードはそう簡単には狙えません。
Googleはそのページに書かれているものを重視はしているものの、
評価の中にサイト全体のテーマも含めているので、1ページそれについて書いたところでなかなか上がらなかったりします。
なので関連するキーワードから徐々に攻めていくんですが、そもそもビッグキーワードってコンバージョンつながるのってことも考えないといけません。
簡単で効果的なのになぜやらないの?ビッグキーワードよりもスモールキーワードを狙った方がいい理由。 | 大阪のホームページ制作会社YCOM

弊社みたいなホームページの制作で狙うは「地域名 ホームページ制作」とかです。
ホームページ制作会社がひしめき合っているので、このキーワードは相当難しいんです。

だけど、ちょっと視点を変えてみて、
直接のお客さんじゃなくて自分のところに外注してくれたらそれも同じく売り上げになるんです。
請負の仕事にはなりますが、それでも仕事が入ってくるならそれはうれしい。

弊社が個人事業としてやっているのは、なんとなくイメージとして株式会社に制作を頼むと高いといったイメージがあるようなので、
あえて個人事業としてやることで気軽に問い合わせをしてほしいというのがあったりします。
※大きな会社は株式会社のほうが都合がよいこともあるので、その場合はもう一つ経営している株式会社の方を使います
そんなわけで個人事業でやっていたんですが、
もっと安価にホームページを作ってくれそうなところ探すとしたら「SOHO」とか「フリーランス」とかのキーワード使うわ!って気づきました。
僕が外注先を探すときは、フリーランスとかSOHOの人探そうとするもんね・・・。
ということで、このホームページでもSOHO、フリーランスという言葉をうまく織り交ぜて集客してみようかしらと。
価格を安くするつもりはありませんが、それで来てくれた人がすごく安いわけじゃないけれど、信頼できそう、いいホームページ作ってくれそうって思ってもらって依頼に結び付けばと思っています。

結構見逃しているキーワードってたくさんあって、
それって顧客視点でキーワードが考えられていないということだと思います。
SEOで重視するキーワードに困ったら、友達でもいいので自分の業界以外の人に聞いてみるといいかもしれない。
そして、自分自身も顧客目線に立てるように努力する。
まあ、キーワードの話してますが、マーケティングの基本でいまさらという話ですが。

ふとした時に、「あ、顧客目線忘れてた・・」って感じることあるので、
たまに俯瞰してみるのは大切ですよね。

おもわぬお宝キーワード見つかるかもしれませんよ。