ブログを書いてモノやサービスが売れる仕組み。SEOよりも大切なこと。


このブログは会社のブログですが、ほぼ自分のブログのような感じで私物化していますね。
毎日かって気書きたいことを書いています。

最近書いている日記のようなものはあまりSEOには関係ない。
単純にSEOを狙うのであれば、明確なテーマと明確なキーワードが重要だけれど、
僕が日々書いている日記ではそのようなものはほとんど意識していない。
SEO対策というよりも、もっと会社の事とか自分のことを知ってもらうために書いています。
これでアクセスが増えるわけじゃないと思うと、その時間をしっかりとしたSEOの時間にあてた方がいいのではと思ったりもするのですが・・・・。

何を勧められたかではなくて、誰に勧められたか

以前も書いた話ですが、ホームページにおいて何が大切かっていうと信用とか信頼です。
それを超えるとファンになってもらうという表現になるかもしれませんが、
自分が尊敬している人とか信頼している人の意見ってすんなり自分に入ってきます。
当たり前ですが、どこのだれかわからない人に何か勧められても怪しいだけです。
同じものを同じように勧めても、友達とか恋人だったらすんなり受け入れるでしょ。
それは勧められたものとか勧め方とかの問題じゃなくて、誰に勧められたかが問題なんです。
それが限度を超えて信用してしまうと、何も考えずに行動してしまってだまされたりするわけなんですが。
いわゆる洗脳というものですね。
教祖を信じてまともでない考えを受け入れてしまう状態です。

つまり、今のあなたがお客さんにとってどこのだれかわからん状態ではモノは売れにくい。
お客さんにとって信頼できる対象になれば一気にモノは売れやすくなります。
芸能人なんかは毎日テレビに出ていたら、そのうちどこのだれかわからん状態ではなくなります。
人はその人にかかわる回数が多いほど好感度が上がる「単純接触の原理」というものです。
サッカー選手のだれだれとか、芸人のだれだれっていう明確な一人として認識されて怪しい人ではなくなります。
その中でも特に好感度の高い人がCMで起用される。

自分自身も今はどこのだれかわからん人であると思うけれど、
こうやってブログを書いて、それをたまにでも読んでもらっていたらどこのだれかよくわからん怪しいやつではなくなります。
これだけブログを書いていたら、適当にうまいこと言ってものを売りつけられるなんてたぶん思わないと思うし、
それなりに僕のブログを納得して読んでもらっていたら、それなりの信頼も得ていると思います。
そうなれば、あとは何かをきっかけに、「ワイコムさんに相談してみよう」って思ってもらえます。

ブログはSEOのためでもあるけれど、
本当に大切なのはこちらかもしれませんね。
だからSEO対策にはあまりならないような記事も書いていくようにしています。
やっぱりアクセスは欲しいし、迷いながらではありますが・・・