ワイコムはこれからもお客様に無くてはならない会社として歩み続けます


AIが仕事を奪うっていうけれど、ホームページを作るためのコーディングなんかはまさにそうだと思う。
デザインですら誰が見てもきれいと思うようなものは簡単に作れるようになるはず。
要するに、ホームページを作るっていう仕事は今後減っていく。

コーディングの仕事自体は手間ではあるけれど難しいものではない。
本を買ってきてちょっと作ってみればだいたいのことはわかります。
在庫もいらないし、起業するには手っ取り早い業種です。
だから、バイトや社員を入れたときに、
学生時代にホームページ触ってたとか、
以前WEB制作にかかわる仕事をやっていたという人が入ってくる可能性は少なくないです。

弊社のお客さんでも新しく入った社員がちょっとホームページ触れるっていうケースは結構あります。
一応制作っていう仕事をやってますが、コーディングとかってそんなに難しいものではないです。
弊社でも簡単なこととかは、やり方を教えてあげればホームページ触ったことない人でもできちゃいます。
もちろん、カンタンではない技術もありますが、ちょっとホームページを触るぐらいだったら簡単です。

なので、弊社ではホームページ作りますよっていう技術的な部分よりかは、
もっとマーケティングに強みを見出していきたいと思っています。
これまでのお客さんに話を聞いてみても、
僕らに対する印象は信頼できる、安心できるというキーワードが特に多いです。
お客さんの代わりに情報を仕入れてそれを伝えてあげる、
お客さんの目的はホームページを作ることじゃなくて、当然ビジネスをもっと良くすることなので、
僕たちはそこにコミットしていかないといけないと思っています。

なので、作るという仕事からは少しずつ離れていかないといけないと思っています。
もちろん制作会社としてこれからも同じように作るということは続けていくのですが、
技術としての作るという部分は単なる手段なので、
もっと目的に近い部分でビジネスをしていきたいと思います。
お客様にもっと密接に、そして結果を出せる集団にしていきたいと思います。

というよくわからない決意表明。
最近、周りの環境を見ながらいろいろと考えることが多く、
以前から考えていた事業の方向性のシフトをもっと早く進めていかないと感じています。

書くことが無いとこんな投稿になっちゃうんだとつくづく思ったw。
また、しばらくブログのペース落ちるかも。
考えたいことが山ほどあるので。