ついにYahoo!ユーザーの検索キーワード情報が取得できなくなったよ。


今日2つめの投稿。

こんな記事があったのでそれに便乗して、軽い記事ですが。

ヤフー検索でも(not provided)がほぼ100%に さらば検索キーワード情報

いよいよYahoo!もSSL化が完了したようですね。
SSL化するってことは暗号化でパラメータの解析ができなくなるのでキーワードが取れません。
なので、解析閣下ではnot providedというものにまとめられてキーワードを見ることができません。
GoogleはすでにSSL化が完了してたので、Googleからのアクセスが多い弊社のサイトはだいぶ前の時点からキーワードは取れなくなっています。
いよいよYahoo!もSSLって事で弊社のサイトでもほぼ取れなくなっていますね。
こんな感じ。

検索キーワード not provided

Googleからの流入が多い弊社のサイトは、だいぶ前から取れてないので僕はもう見てないのですが、
Yahoo!からの流入が多かったサイトは見ていた人もいるかもしれません。
ちなみにIT寄りのサイトはGoogleからの流入が多くて、そうでない例えば主婦とか業種では土木とか製造とかその辺はYahoo!が多いかも。

木ワードが取れないのは確かにつらいですね、
Analyticsでえられる流入キーワードはすでに入ってきた人のキーワードなので、SEO対策に役立つものではないですが、どういったキーワードの人がコンバージョンにつながっているのかがわかれば、そういった人を重点的に狙ってコンテンツを作ることができたりするので、そういう意味では無くなるのは困ります。
とはいえ、みんな同じ条件なので嘆いても仕方なく、もっと他のアプローチを探るきっかけになると思います。
すでに弊社ではキーワードとれてなかったので、これから困ったということはありません。
もっと大切な指標がたくさんあります。
おそらく大部分の人はキーワードは見ていてもそれを生かしている人は少なかったのではと思います。
僕の個人的な印象ですが、キーワードがキーワードがっていう人に限ってあまり真剣に解析していないのではと思っています。
キーワードってすごいわかりやすい指標なのでどうしても目がいきがちですが、CVの改善とかにはもっと大切な見るところがたくさんあります。
たいていはSEOとしてキーワードがって叫んでいるのですが、Analyticsで見れるキーワードはSEO上の材料にはあまりなりません。

情報は多い方がいいので、キーワードが見れるとそれはそれでうれしいのですが、
他にもサイト改善のために必要な情報はたくさんあるので、これをきっかけにもっと大事な指標に目を向けてみましょう。

ちなみに、SEOに役立つキーワード情報はSearchConsoleで見れます。
ただ、これはGoogleの情報しかみれないので、Yahoo!ユーザーのキーワードはわかりません。
なので、Yahoo!ユーザーに関しては一切検索キーワードがわからなくなったということですね。
検索連動型広告があるので、キーワードを収集していないということはあり得ません。
何らかの形で、Yahoo!もキーワードを出してくれるといいですね。