WordPressプラグインでレコメンド(関連記事)を載せて離脱率、回遊率を改善しよう。


ITmediaで面白い記事。
130万人を分析、「社長」の代表像は?

思っていた内容と違ったけれど、これはびっくり、
「社長で多い誕生日のベスト3は正月3が日」
そんなうまいこといく?できすぎてやしないか?
金持ちは子供が正月に生まれるように狙っているのか、数字的に因果関係出してもらいたいと思うんだけれど。
ちなみは私は1月10日なので、おしかったでありますw。

昨日は解析の例として離脱率について書いたけれど、
その流れじゃないけれど、ブログで関連記事のリンクをつけていない人は付けた方がいい。
という内容の例になりそうなページを見つけたんだけれどどこかにいってしまった。

ブログの場合は単発読み切りの記事が多いので、読み終わったらその場で次の記事へ誘導してあげないとそこで離脱してしまう。
当然のことで、じゃあ記事を読んだ後どこに誘導してあげればいいのかというと今読んでる記事に関連している内容の記事がたぶんいいよね。
ECサイトでは、今では当然のようについているこのレコメンド機能ってすごい画期的なんです。
これこそまさに機械学種の代表格、そんなレコメンド機能のようなものをブログでも関連記事として付けることができます。

自分が人のブログを見るときのことを考えてみる。
僕の場合はRSSをフィード購読している、ちゃんとチェックしているブログでもフィードで流れてくる新しい記事ばかり。
過去記事をわざわざ見に行くことってあまりない。
で、過去記事を見に行く時ってどういう時かっていうと、関連記事で面白そうなものを見つけたとき。
ニュースサイトでもそうだけど、関連記事をたどってどんどん深く潜り込んでいくことあるでしょ。

ということで、Wordpressで使えるおすすめのレコメンド記事のためのプラグイン。

  • similar posts
  • Yet Another Related Posts Plugin (YARPP)
  • wordpress related posts

このあたりがグッド。

今、このブログでつけてる関連記事はサムネイルが無いタイプ。
関連記事
サムネイル付きの関連記事表示にした方が、回遊率上がるはずなのでこのサイトもプラグインを変えないと。

関連記事一覧がブログに入っていない人はぜひ入れましょう。