FacebookやTwitterなどのSNSでのシェアやツイートはSEOの効果がある?


みなさん気になっているところだと思いますが、FacebookやtwitterってSEO効果はあるのでしょうか。
FacebookのシェアやTwitterでツイートをするとリンクが生成されるのでSEO効果があるのではと考えてしまいます。
また、シェアやツイートはそれなりに評価されたと判断されるのでSEO効果があるのではと。

これについてGoogleのジョン・ミューラー氏が改めてSEO効果はないと回答しました。
SNSのシェアやツイートはSEO効果あり?/Googleが公式回答

FacebookやTwitterなどのいいねやシェア、ツイートは誰でも簡単に操作できます。
やろうと思えば簡単に何万シェアを作ることは可能で、すでにそれ自体がビジネスになっています。
Facebookで1万人のシェアをいくらでつけますっていうやつです。
たしかにそれによってこの記事人気なのかなとか、このFacebookアカウント有名なのかなってなりますが、
結局記事を読んでみて大したことなければそれで終わり。
払ったお金は生きてきません。

なので、信頼性の低いこういったソーシャルシグナルは評価されないということになるのだと思いますが、
でもシェアとかツイートされてアクセスが増えた、検索順位が上がったということを聞いたことがある、
もしくは実際に経験された方もいるかもしれません。

基本的な考えとしてSEO上有利なのは良コンテンツを作ることです。
良いコンテンツというのはみんなが知りたいもので、Googleも上位に出したい。
なので、そういったものが上位に来るようにGoogleはどんどん変化しています。
つまり、結果的にSEO効果があったものというのは、そもそもコンテンツが優秀であったと考えられます。

優秀なコンテンツであれば、シェアやツイートをきっかけとして大きく広がる可能性をもっています。
シェアやツイートで広く拡散されたコンテンツは、参照記事などとしていくつかのブログで紹介されるかもしれません。
また、大手のニュースサイトなどで取り上げられることも考えられます。
なので、いいねやシェア、ツイートそのものはSEO上は何の評価にもなりませんが、
その結果現れる被リンクなどがSEOにつながります。
なので、SEOのきっかけとしてソーシャルメディアは有効ですし、
SEOにつながるかどうかというのは結局はそのコンテンツ次第ということになります。

何でもない適当なコンテンツは、何をしてもアクセスにはつながりません。
コンテンツや商品自体をきっちり作ったうえで、ソーシャルメディアを大いに活用しましょう。