iPad買い替えてApplePencil使用開始!メモをもっと活用するぞ!


ついにiPadを買い替えてApplePencil使えるようになりました!

これまではiPad Air2を持ってたんだけど、新しくiPadを買い替えようと思ってた理由は2つあって、1つはApple Pencilが使いたかったということ、もう一つはデカめの画面(12.9インチ)のiPadにしたかったというこの2つ。
大きいサイズにしたかったのは仕事で打ち合わせの時とかにもっていくので画面が大きい方がいいなということからです。
もともとiPad買った時は気軽に持ち運べていつでもどこでもみたいな感じだったんだけど、結局いつでもどこでもっていうのはほぼスマホで完結できるので、iPadを使う時はカフェとか打ち合わせの場所とかで比較的じっくり見る時も多いので、そうなると持ち運びさえ苦にならなければそこまでコンパクトでなくてもいいかなという感じで、どっちかと言うと機能的なウェイトとして画面は大きくしたいという気持ち。
あとApplePencilは、いろいろと資料を作る中で、キーボードだけでは表現できないような直感的なメモも残しておきたい、外出先からの社員への指示の幅をもっと広げたいとか、ようするにできることの幅を広げてもっとデジタルを効果的に使いたいというのが目的。

大きい画面といえばiPadProしか選択肢がないんだけれど、値段のこともあって結局iPadProはあきらめてiPadになりましたが・・・。
なので、大き目の画面はあきらめた。
すごい悩んだんだですよね、そこそこ出してiPadProにするか、iPad(第6世代)でもApplePencilは使えるようになったのでそれであれば比較的気軽に買い替えれる。
結局、ApplePencil自分どれくらい使うねん?という自問によって、とりあえずという気持ちでiPadで落ち着きました。
結局あまりApplePencil使いませんでしたっていうオチもあるからね。

ApplePencilが欲しかった理由

ApplePencilが欲しかった理由の一つは、仕事上のメモをオンラインで管理したかったから。
基本的には自分はアナログも好きなので、メモとかは紙に書いていくんだけれども、大事なメモはいつまでも保存しておきたい。
紙だと意識しておかないとどっかなくしてしまうことが多いし、もちろんかさばるので何とかしてデジタル化しておきたいなということです。
書いたメモを写真で撮ってそれをEvernoteとかで管理というのはやっているんだけれど、そのメモ自体に加筆して情報をアップデートしていくということができない
やろうと思えばメモを印刷して、ペンで加筆してまたEvernoteなどに取り込むとか、
状況としてこういうこともするけれど、やっぱりもっと手軽に加筆できる環境を持っておきたいので、iPad上でダイレクトにメモを書くためのApplePencilが欲しかったわけ。
スタイラスペン自体はノートPC用に持っていて使ってた時期はあったんだけど、やっぱり書き心地や反応速度とかの点でやっぱり純正はいいよね。

ApplePencilでやりたいこと

Apple Pencilを買ったからってわざわざ何でもかんでもデジタルで書くつもりはないけれど、自分の中で固まったアイデアはiPad上で清書して残しておく。
メモにおいて、やっぱり描くってことはすばらしくて、描く行為自体も記憶に残りやすいし、読みかえす際にも図だとわかりやすい
やはり手書きの良さっていうのはあるよね。
ペンとか使わずにキーボードだけで残した文字としての情報は、文字以外の情報が入っていない時点で手書きのメモに劣ってるよね。
読みやすさという点でも手書きだと、一つ一つがスムーズに入ってくる。
ただ、手書きがベストとは思っていなくて、やっぱり大量の文字で情報を残すときはキーボードで打ち込むのが良い。
要するにそれぞれいいところがあるので両方をうまく組み合わせて使うんだけれど、ペンが手に入ったので新しい武器を手に入れたということ。

お客さんとの打ち合わせでの忘れないためのメモとかはいずれいらなくなるんで、紙にメモしてEvernoteに写真でストックする。
暇があれば、大事なところだけ文字起こししておけばいい。
忘れないようにするためのメモはそういった管理で十分。

だけど、何かを考えたりするためのメモって、文字だけじゃ表現できないしね。
強調したり、矢印書いたり、イラスト書いたりとかって必要だよね。
なので、それをiPad上でデジタルのまま加筆できるようになるっていうのが非常に便利。
頭で考えたことをメモに残して、アイデアのブラッシュアップの道具としたというのがApple Pencilを買った理由。

ApplePencilでのメモに使ってるアプリ「GoodNote5」

ちなみにApple Pencilでメモを書くときは、GoodNoteっていうアプリ使ってます。
今使ってるバージョンはGoodNote5。

download
僕はまだこれしか使ったことなくて他のアプリと比較した事はないんだけど、さらさらっとして描き心地はよく、ツールの使い勝手も凄く良い。
アプリのレビューサイトとか(どこまで信用していいかわからないけど)見ててもこのアプリに関してはどこも高評価。実際に使ってみても悪くないのでお勧めです。

知り合いのオオニシ|質問ソムリエ(@achanels)さんとかはNoteshelf2いいって教えてくれました。
download
これもレビューサイトで高評価でGoodNoteと比較されたりするほど優秀らしい。
どっちにしようか迷ったんだけど、知り合いがこれ使ってるんだったら違うの使ってみようということで結局ぼくはGoodNote5に。

実際の画面はこんな感じ、どんどんメモ書いていきます。
IMG_0003

書いたメモは定期的にプリントアウトしていつでも見れるようにしている。
ここは結局アナログになるんだね。
紙に落としてそれを眺めている方がなんとなく次のアイデアとかそこに書き込みたい内容とかが浮かんでくる。
デジタルのまま画面に表示されているメモを見るのとはなんとなく違う。
まあ、実際は単に気持ちの差だろうけど、デジタルが好きな人はデジタルのまま見るのがいいのかもしれない。
でも紙だと何枚も机に並べるとかもできるメリットはあるよね。
とにかく、ぼくの場合は目が疲れるのがイヤだw

こんな感じで、ApplePencilデビューしましたのでご報告でした。
プリントアウトしたものを定期的に眺めてみたり、思いついたものをiPadでメモとして清書したりってことをしながらどんどん自分の頭をアップデートしていきます。
思ったことや感じたこと、学んだこととかを自分なりに表して、いつでも再確認できるものにしています。
僕の言うメモっていうのは、最終的には自分だけの大切な本になるイメージ。
忘れちゃいけないこと、覚えておきたいことをこのメモを使って自分の頭に定着させていきます。

まだまだ使い始めたばかり、良い使い方とかあればまた発信していきます。