リンク切れはなるべく減らす。リンク切れを調べるのに便利な「W3C Link Checker」。


ホームページを運営していると、ページを追加したり削除したりするのでリンク切れとかどうしても出てきます。
リンク切れがあるとユーザーにとっては不便でストレスになります。
結果、ホームページから出て行ってしまうということもあるでしょう。
見たいと思わせてそれが無いというのはユーザーにとって結構なストレスです、
できる限りリンク切れはなくしておきたいものです。

弊社でもホームページの運営にあたって、気が付いたらリンクの整理などを行っていますが。
そんな時にいちいちクリックしてリンク切れのリンクを探すのは大変。

そこで、リンク切れがカンタンに見つけられるツールがあれば便利ですよね。
W3C Link Checker
公式サイトのツールなので安心です。

Link Checkerにあるフォームに自分の調べたいページのURLを入れて、「Check」ボタンを押すだけです。
オプションで下の階層までたどって調べることができますが、1ページだけでも結構時間がかかります。
ある程度の目処をつけて調べるといいでしょう。
 Link Checker
リンク切れが見つかったらこんな感じのエラーメッセージが出ます。
英語ですが、なんとなく何言ってるかはわかるでしょう。
 Link Checker
こういうツールはいざというときのために知っておくといいですよ。