WELQから学ぶSEO。問題ありありだけれども、SEOの点では結果を出していた。


最近、DeNAが運営しているWELQが話題。
このサービス問題になって初めて知ったんだけれど、
いわゆるキュレーションサイトというか、情報サイト。
アクセスを集めてアフィリエイトで儲けてたっぽく、
問題はその記事の内容で、パクリだらけでしかも間違いだらけ。
内容が内容だけに、鵜呑みにしたらやばい情報もたくさんあったわけ。

[死にたい]で検索したユーザーをカモにして金を巻き上げる。
意図してたかどうかはわからないけれど、サイトそのものの問題と合わせてそのゲスな手法から、
意図的だったといわれても仕方ないかも。

このWELQは医療系のキーワードで検索するといろんなキーワードで上位に出てきてたっぽい。
ダイエットとか食事とか関連のキーワードで調べるとすぐ出てきたみたいだけれど、僕は全然知らなかったね。
読んでたかもしれないけれど、サイト名は認識してなかった。
これだけネットに触れているのに、ネットを使用する目的が違うとこれだけのサイトでもなかなか接触しなかったりするんだね。
まあ、ふつう気づくだろってところを僕が気づいてなかっただけかもしれないけれど。

パクリとか内容の不正確さとか、いろいろと問題になっているけれど、
その辺の問題はWELQで検索したらたくさん出てくるので読んでみてください。
僕はその突っ込んだところは書かないです。
今回の問題で、ネット上の情報を鵜呑みにする危うさというのをみなさん学んだと思います。
医者が嫌がる患者のタイプは、自分でネットで調べてきたことの方を信じる患者さんらしい。
「ネットにはこう書いてあった!」という人。
ネットの情報が正しいが、目の前の医者は信じられないらしい。
まあそれはよくて、SEOについてちょっと書こうかと。

別に題材はWELQじゃなくていいんだけど、
たまたま話題になったから使わせてもらいます。
ちょっと乗り遅れ気味だけれど、今は検索もされやすい時期かなと。

WELQのやっていたSEOは、それ自体はルール違反じゃない。内容は別としてね。
誰でもできることを大規模にやったことで大きな収益にしていた。
やっていたことは各キーワードで上位表示させるための記事を書いていただけ。
そこに特別な技術が必要なわけじゃなくて誰でもできること。
格安でSOHOの人とか雇ってひたすら記事を書かせる。
誰でも理解できることをやっていたということで特別なことじゃない。

それを指示するのにはそれなりの知識がいるんだけれど、
その辺のSEOのブログを読んでいれば簡単に手に入れられる知識だし特別なことじゃない。
すごく身近で誰でも理解できることを愚直にやった結果ともいえます。

言いたいことは、大きな結果を出した(いい悪いはあるけれど)という点では、
シンプルなことの積み重ねでもいいということです。
コンテンツを充実させることがSEOにとってとても大事ということは、
結構みんな知っていることなんですが、
それができないのは知識のあるなしとか、技術のあるなしとかじゃないんですね。
こういった大手でもやってることはいたってシンプルということです。

最近、世の中は意外とシンプルなんじゃないかと思っているんです。
僕は物事を複雑に考えがちで、シンプルに考えられる人を尊敬します。
本質を見抜いたら、あとはそれをやるだけ。
これまで、WEB制作の業界にいてSEOについては様々な情報に触れてきましたが、
まあ結局これでしょっていう答えにはある程度行き着きました。

それはいたってシンプルなことで、このブログでもいろいろな形で書いていますが、
要はそれをできるかどうかということで、できるかどうかはそれを確信しているかどうかということです。
成功体験が大切なのは、成功体験によってやっていることに対して確信を得られるからです。
知識は変わっていないけれど、それに対する態度が変わることで一気に推進力が上がるんですね。

その上司やそれにあたる人なり、自分自身がそれを確信していればうまくいきます。
ホームページの運営はそれ自体はシンプルなんですが、非常に結果が見えにくい。
ホームページの運営をこれまでやってきた人は、その経験値から確信を持って進めることができますが、
初めてホームページを作る人とか、これまでそれほどホームページで良い経験をしていない人は、
もっと手っ取り早い方法があるはずと、目の前にあるやるべきことを放り出して、別の簡単で効果的な手段を探してしまいます。
もしくは、成果を出すにはお金がいるとか、大手だからこんなことができるとか別のところに言い訳を見つけてやらなかったりしますね。

今回のWELQの手法は、僕らからすると当たり前のことなんですが、
話題になったことで一般の人が、議論を通じて大手の手法に触れることができた。
意外にシンプルなことやってるんだねって思ったかもしれません。
内容は良くないことですが、結果を出しているSEOという点に関して、
もしかしたらヒントになることがあるかもしれません。
ただ、同じことやったらあなたも同罪なので、今回のWELQの問題はちゃんと理解しておきましょう。
このWELQの手法は今だから通じるという部分も多いので、
そのうちGoogleが進化したら同じようにしてもダメでしょうね。

かつてワードサラダっていうキーワードを詰め込んだSEO手法があったんですが、
それがGoogleの解析力の進化で効果が無くなった。
今回の件も、今のGoogleには効果があったけれど、これからはどんどんなくなってくる。
それは、今回問題になっている情報の信ぴょう性という部分です。
内容と手法は切り分けて考えてください、その手法に関しては学ぶところもあると思います。

あらためて書いておくと、WELQを擁護しているわけじゃ全くないです。
ただ、話題に乗っかっただけで、その内容とSEOの手法とは切り分けて考えてくださいね。