キーワード型成果報酬SEOをするくらいなら、PPC広告をしてください。


昨日に続きキーワード型のSEOについて考えてみる。
普段はカフェで夜にブログを書いているので、閉店時間になったら追い出されるので、
閉店時間が近づくと書く内容も焦ってくる。
昨日の記事は途中で閉店時間が来て、無理やり終わらせてしまったので続きを書こうと思います。
昨日も言いましたが、SEO会社の手法を否定するわけじゃなく一つの判断基準を持ってもらうために書いています。

昨日の記事はこちら
キーワード上位表示型の成果報酬SEOは効果があるのか調べてみた。

と思ったら、昨日は簡単に見つかった料金シミュレーターがみつからない。
なんか、みなさん共通で使ってるらしい料金シミュレーターは不具合で動かないらしく

キーワードSEO

これ、いろんなサイトで見かけました。
みんな同じサービス使ってるみたいで、システムが落ちてるのでどこでやってもエラーになります。

いろいろと探して見つけた他のサイトで、
「ホームページ制作 大阪市」というキーワードで調べたら1か月10万円もする!
昨日のシミュレーターで出てきた3万円が良心的に見える。
とにかく、キーワード上位表示ってすごい魅力的に聞こえるらしく相談されることが多いんですが、
そこにお金をかけることができるならPPCの方がいいんじゃないかって思っています。

「ホームページ制作 大阪市」で1か月の表示回数は450回くらいで、
弊社のサイトで上位表示されているものを見てもクリック率だいたい10%以下が多い。
タイトルが悪いと自覚してますが、とりあえずそんなものとして、
クリック単価は750円~1500円くらいです。
で、Googleのキーワードプランナーで実際にPPCで「ホームページ制作 大阪市」をかけたらどうなのか見てみたら597円。
単純に比較してもPPCの方がオトク。

それに加えて単なる自然検索上位と有料広告では圧倒的に違う部分があります。
まず、検索した時に表示されるものって、自然検索よりも広告が上に表示されます。
この時点で、いくらキーワードで上位を表示しても広告の方が有利です。

検索結果と広告

ファーストビューでは広告しか見えないですよね。
それだけじゃなく、広告には圧倒的なメリットがあります。
PPC広告って誰に対して広告を出すかを決められます。
広告を配信するエリアが決められます、大阪の病院が北海道の患者さんを求めないでしょ。
広告を配信する時間を決められます、アクセス解析したらどの時間帯のお客さんがコンバージョン多いかわかるので、その時間にお金をかけて広告を出すようにしたら効果的でしょ。
広告文を決められます、ページのタイトルとかとは関係なくキーワードに応じた広告文で表示できます。複数のパターンで広告文を出してテストすることだってできます。
クリックしたときにジャンプするページを指定できます、キーワードとターゲットが明確なので、その人にバシッとハマるページを見せるとコンバージョンにつながりますよね。
その他、広告配信の設定を調整することで費用面も抑えられます。

キーワードSEOがPPC広告よりも圧倒的に安ければ考えますが、そうでもないしむしろ高い可能性もあります。
PPC広告の圧倒的なメリットを考えると、キーワード型SEOを頼む理由は無いように思えます。
何事も他の手段でもできるのであれば、比較して本当にそれがよいかちゃんと判断しましょう。