AIサービスがどんどん出てきて、人の仕事が減ってくる


人工知能がどんどんきてますね。

アスクルがAIでサポート工数を削減、LOHACOの問い合わせ3分の1をチャットボット「マナミさん」が対応

お問い合わせの対応をロボットのマナミさんが3分の1を対応できるようになったそう。
24時間休まず働いてくれるステキな社員です。
省人化効果は6.5人分というからでかい。
今はチャット形式の対応だけれど、そのうち音声で回答できるようにもなるだろうね。

お問い合わせ推移
WEB担当者Forum

ホームページで用意する「よくある質問」とかのページは、
あらかじめ質問されそうな内容を準備しておく。
ユーザーはわざわざ電話しなくても問題点が解決できるし、
運営側は電話の対応をしなくてもいい。
わからないときはとりあえず電話っていう人は多いけれど、
それでも数パーセントはヘルプとかよくある質問のようなあらかじめ用意されたもので解決してくれます。

ちょっと便利にしたければ、質問内容を検索できるようにしておくといい。
質問をすると、それを解析してそれに適した回答が返ってくるともっと便利だね、
Google検索とかはそんな感じかもしれない。
検索窓でキーワードを入れるとそれを解決できそうなサイトがずらっと出てきます。
さらに、AIを使えば質問内容を解析して、
定型文ではなくそれに対する的確な回答を作り出すことができます。
「マナミさん」はどんなもんなんだろうか?

AIは昔からあるけれど、テクノロジーの発達で今はいろんなことができますね。

汚い言葉をきれいにしてくれるアプリ
「しずかったー」
がすごい流行ったね。
いろんな人がこれはきれいな言葉に直らんだろうという言葉を投げかける。
それに対して変換される言葉で盛り上がる。
それなりなんだけれど、だから面白かったり。
知らない人は「しずかったー」で調べてみるといいです。

しずかったー

最近だとMicrosoftの「りんな
twitterを通して会話できる。
こちらも返しがおもしろくて話題。

りんな

会話を通してさらに学習していくんだけれど、
おもしろおかしく仕込まれてしまったのかこんな事故も。

Microsoftの人工知能が「クソフェミニストは地獄で焼かれろ」「ヒトラーは正しかった」など問題発言連発で炎上し活動停止

ソフトバンクのPepperなんかもそうだし、
最近どんどんAIを使ったサービスが出てきていますね。
今はまだまだ実験段階だけれど、市場でこうやって試していくことでこれからどんどん改良して、
ビジネスの世界に入ってくると思います。

「マナミさん」を代表するように、今まで人間がやっていた仕事がどんどんロボットに替わっていく可能性も高いですよね。
機械に奪われそうな仕事ランキング1~50位!会計士も危ない!激変する職業と教育の現場

WEB制作もロボットでもできそうっていう部分はたくさんあるし、
人工知能を利用した広告の最適化だってもうロボットがやりだしています。
人間が頭で考えるより正確で速いし、AIでどんどん新しいことを試しては効果の高いものだけを運用できる。

でも、クリエイティブ分野はまだまだ人間じゃないとできないと思うし、
AIが発達するとまた新しい分野のビジネスも出てくるし、
楽しみでありながら知らない間にロボットでもできることを必死でやってることが無いように、
情報収集怠らないようにしなきゃと感じています。