売れるホームページを作るために、知っておくべき写真の5つの効果


ホームページに使う写真はきれいな方がいいというのは当然ですが、
お金をかけてまできれいな写真を撮ろうという気には
なかなかなれないかもしれません。

でも、ちょっと余分にお金をかけて写真を撮るだけで、
ホームページからの売り上げが変わるとしたらどうでしょうか。
この記事を読んでもらって、少しでも写真の重要性に気づいてもらえればうれしいなと思います。

商品を購入するきっかけとして、
行きたい!買いたい!欲しい!食べたい!泊まりたい!試してみたい!
こういった感情を伴うきっかけがほとんどです。
細かい説明も大切ですが、そこへたどり着くためのプロセスとしてまずは感情を揺さぶるようなきっかけが必要です。
良い写真を使うだけで、本当にホームページは変わります。
これはホームページだけに限りません、
Facebookやブログでも同じようなことが言えるので、ぜひ読んでください。

今回はホームページを使った写真がいかに重要かを見てみます。

写真がもたらす効果

まずは興味を持たせる

昔からマーケティングにおける消費行動のプロセスで、
AIDOMA理論」というものがあります。

消費者の心理のプロセスAIDOMA理論

AIDOMA理論

最近はインターネット社会にあわせて、
電通が提唱している「AISAS理論」というものも使われます。

消費者の心理のプロセスAISAS理論

AISAS理論

どちらにせよ、最初の関門は、「注意」「興味」の部分です。
この「注意」「興味」のフェーズを突破しないと、
いくら良いものでもなかなか売れません。
まずは、聞く耳を持ってもらう。それが非常に大切です。

良い写真は人を惹き付けます。
それが商品の写真でなくてもいいです。
かわいい子猫の写真でも、綺麗な海の写真でも。
ちょっと立ち止まってしまう、それが大切です。

かわいい写真

たとえば、赤ちゃんの動物写真とか。
誰もがかわいい!ってなっちゃいます。

赤ちゃんアザラシ

赤ちゃんアザラシ

インパクトのある写真

とりあえず、インパクトとか。
気になってとりあえず立ち止まってしまう。

海の中にホワイトタイガー?

海の中にホワイトタイガー? ※写真じゃないか・・

女性の写真

男性にとって、綺麗な女性を使われてしまうと逆らえません・・・。
ホームページのトップなどの画像も、
男性の写真から女性の写真に変えただけで、売り上げが上がったという例もたくさんあります。
イベントで人を集める場合も、まず女性を集めればそこに自然に男性も集まってくると言います。
とにかく、女性の写真は効果抜群です。

女性の笑顔

女性の笑顔

きれいな写真

やっぱり海の写真っていいですね。
南国に行きたくなりませんか。

南国の海

南国の海


単に写真を載せただけですが、
きれいな写真を見ていると、なんだか楽しくなってきますよね。
たとえば、Facebookとかtwitterでも、
テキストだけの投稿よりも、画像を載せるだけで「いいね!」されたりリツイートされたりする確立が上がります。
一つのきっかけとして、写真は非常に大切です。
まずは、トップページの画像を見直してみてください。

まずは興味を持たせる

先ほどの例でもわかるように、
見た目の印象が大切なことは言うまでもないでしょう。
人間は本来、綺麗なものに惹かれてしまうものです。
その本能に直接訴えかけることが出来るのならば、こんなに強い武器は無いのではないでしょうか。

これを飾りたい!とかあそこに行ってみたい!とか、あんな家に住んでみたい!とか、
全て感情ですよね。
買うかどうかは別として、まず感情が動かしてあげて、「欲しい!」と思わせてあげることができれば、
そこで初めてホームページの中身を見てもらえることになります。

欲しい!食べたい!行きたい!
そんな気持ちになるサイトを見てみましょう。

食べたい!って気持ちになるサイト

松栄寿司 東口店

松栄寿司 東口店

松栄寿司 東口店

松栄寿司 東口店

松栄寿司 東口店

もう、食べたくなってきたでしょ^^

メシトモ

日本人ならこれかな。
白ご飯に、梅干しを乗せただけのシンプルな写真。

メシトモ

これでもかと卵のおいしさを前面に出した卵の写真を使ったサイト。

いとう養鶏場
いとう養鶏場

すぐそばにある贅沢 石窯パン | TAKAKI BAKERY

美味しそうなパン。
一度「TAKAKI BAKERY」のパン食べてみようかなって思いますね。

美味しそうなパン

美味しそうなパン

美味しそうなパン

美味しそうなパン

みているだけでお腹がすいてくるサイトばかり。
写真のすばらしさが、そのまま見ているユーザーの購買意欲を上げているのがよくわかりますね。

行ってみたい!って気持ちになるサイト

加賀屋

加賀屋

加賀屋


加賀屋

加賀屋

有名な加賀屋の公式ホームページ。
サイトデザイン自体がすばらしいのですが、
それもこのきれいな写真があってこそです。
ほら、今すぐ行きたくなってきますね。

南総城山温泉 里見の湯

南総城山温泉 里見の湯

南総城山温泉 里見の湯


南総城山温泉 里見の湯

南総城山温泉 里見の湯

旅館はやはり写真を前面に出しているサイトが多いですね。
現実逃避したくなるくらいに、
思わず行きたくなる非日常の写真がたくさんあります。

宮古島ダイビングショップ| アイランダーデポ

宮古島ダイビングショップ| アイランダーデポ

宮古島ダイビングショップ| アイランダーデポ


宮古島ダイビングショップ| アイランダーデポ

宮古島ダイビングショップ| アイランダーデポ

説明は要らないんじゃないでしょうか。
これをみて、自分もダイビングに挑戦してみようと思った人は僕だけじゃないはず。
海の中でこんなすばらしい体験ができるなんて!

かたくら諏訪湖ホテル

かたくら諏訪湖ホテル

かたくら諏訪湖ホテル


かたくら諏訪湖ホテル

かたくら諏訪湖ホテル

こちらもホテルのサイト。
いろいろ文章を考えるより、
こうやってきれいな写真を載せているだけで様になりますね。

大丸ギフト人気投票

大丸ギフト人気投票

大丸ギフト人気投票

金箔総合企業「箔一」

金箔総合企業「箔一」

金箔総合企業「箔一」


金箔総合企業「箔一」

金箔総合企業「箔一」

美しき金箔の世界。
一目見たときから、いつかは欲しいななんて考えてしまいます。
いつか欲しい・・・いつかお客さんになってしまいそうです。

Ponte Vecchio

Ponte Vecchio

Ponte Vecchio


Ponte Vecchio

Ponte Vecchio

ジュエリーや小物、アクセサリーは何より見た目が全て。
「かわいい!」って思わせないといけないですね。
写真がヘタクソなのは致命的です。
どれだけ綺麗に写真を取れるかが売り上げを左右するといっても過言ではないでしょう。

疑似体験で不安を取り除

ホームページ上でモノを売る難しさは、なんといっても商品を触れないということ。
商品の情報はそこに載っている情報が全てだということです。
ショッピングでおもわず衝動買いをしてしまうのは、
見て、触って、着てみてと実際に商品で体験ができるからです。
ホームページの場合、もちろんそんなことはできないので、
いかにたくさんの情報を伝えてあげるか、どう疑似体験を作って上げられるかということが大切です。

ZOZOTOWN

有名なファッション通販サイトですね。
一つの商品に対していろいろな角度から確認することが出来ます。

ZOZOTOWN

ZOZOTOWN

Tiffany & Co.
ティファニーのホームページ。
こちらも、商品がわかりやすいように複数のアングルや、
細かい部分の写真もきちんと載せてあります。

Tiffany & Co.

Tiffany & Co.

商品を売るサイトでは、
いかに他のサイトよりもわかりやすく商品を載るかということが大切になります。

内容を楽しんで読むことができる

ホームページを作ったら、内容を見てもらわないといけません。
場合によっては、たくさんの内容を読んでもらう必要があるかもしれません。
テキストだらけのページはやっぱりよみにくいですよね。
写真が付いてわかりやすくなっているだけで、
ユーザーは最後まで楽しく読むことが出来ます。
テキストを苦労して読むのと、
画像つきで楽しく読むのとでは、読み終わった後にどちらの印象がいいでしょうか。
もちろん、画像つきで楽しく読んだ場合ですよね。

宮古島ダイビングショップ| アイランダーデポ ※再掲

海の写真と共に、とってもわかりやすい。
画像が適切に添えられているので、楽しく読むことが出来ますね。

宮古島ダイビングショップ| アイランダーデポ

宮古島ダイビングショップ| アイランダーデポ

パンチキチキ

実は以前YCOMのお客様だったパン屋さんです。
今は長崎にレストランをオープンされて活躍されています。
ここのホームページ、小林シェフのレシピが公開されています。
写真つきでわかりやすく紹介されているので、
自分も作ってみたい!と思いながらページを読み進めることが出来ます。

パンチキチキ

パンチキチキ

写真を適切に使ってあげることで、
読みやすいページにすることが出来ます。
「読みやすい」というのはとっても重要です。
いくらいいことを書いていても、読んでもらわなければ伝わりませんからね。

言葉では伝えられない部分を伝える

テキストで伝えられることはほんの一部です。
まずは興味を持たせる」でも書いたように、
写真には一目で人をひきつける魅力があります。
どんなキャッチフレーズよりも効果的です。
言葉なんかよりも断然強力!
テキストなんか無くてもいい、写真だけで欲しいと思わせることは可能です。

テキストだけでは伝えきれない、
魅力的な写真を使ったホームページの数々です。

豪華

ブライダルサロンのTUTU
言葉は多くありませんが、
こんな風に式を挙げてみたい。
そんな気分にさせてくれるホームページです。
言葉では触れていませんが、「高級」「豪華」「信頼」などのイメージが伝わってきます。

ブライダルサロンのTUTU

ブライダルサロンのTUTU


ブライダルサロンのTUTU

ブライダルサロンのTUTU

楽しそう

信州伊那自動車教習所
自動車教習所の合宿用ホームページ。
せっかくの合宿教習、楽しいところで受けたいですね。
「楽しい」って言わなくても、このホームページを見たらすごく楽しそうです。
自然豊かな場所でたくさんの友達と一緒に免許を取る。
楽しそうだな~っていう気持ちがわいてきませんか。

信州伊那自動車教習所

信州伊那自動車教習所

感動の景色

野村不動産の新築分譲マンション『プラウド-PROUD-』
タワーマンションのホームページです。
部屋から見える景色をトップページで使っています。
景色をテキストで説明するのはとても難しいですが、
こうやって写真で表現されると、心の中からこんなところに住んでみたいっていう気持ちになりますよね。

野村不動産の新築分譲マンション『プラウド-PROUD-』

野村不動産の新築分譲マンション『プラウド-PROUD-』

商品のすばらしさ

茶筒の開化堂
茶筒のメーカーホームページ。
茶筒と言ってもピンときませんよね。
でも、このページを見てください。
こんなお洒落な茶筒なら、買って見せびらかしてみたいと思いませんか。
実は僕が前から欲しい茶筒だったりします。
茶筒のイメージが一変しました。

茶筒の開化堂

茶筒の開化堂

着てみたい!

ブライダルハウスチュチュ
結婚を控えている人。
レンタルドレスを探していたらこのホームページにたどり着いた。
写真を見てこのドレス着てみたいってなるでしょう。
もちろん、モデルさんの力も大きいですが、それも写真の力。
ファッション雑誌を見て服が欲しくなるのも写真の力ですよね。

ブライダルハウスチュチュ

ブライダルハウスチュチュ


ブライダルハウスチュチュ

ブライダルハウスチュチュ

見て初めてわかるもの

マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝
「オランダ・フランドル絵画の至宝」名前を聞いただけじゃピンとこない。
でも、ホームページの写真を見てみると、
「あ~!見たことある」っていう人も多いと思います。
言葉で伝わらなければ見せてみる。
話さなくても見せればわかるものってたくさんありますね。
うまく写真を使うようにしましょう。

マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝

マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝

いろいろな、写真を使ったホームページを見てきました。
写真がいかに大切かがわかってもらえたと思います。
もちろん、ホームページのデザインそのものがすばらしいというのはあります。
でも、そのデザインもこれらのすばらしい写真があってこそです。

こんなにもホームページを魅力的にしてくれる写真なのに、
その辺に落ちている解像度の低い画像で代用していませんか。
面倒くさいからと、その辺に置いて携帯で撮ったものを使っていませんか。

もう一度、ホームページに使う写真を見直してみてください。
そしてぜひ、写真にはこだわるようにしてください。
それだけで、まったく違うホームページに変わります。