ホームページのSEOは、ビッグキーワードじゃなくスモールキーワードを狙おう


最近YCOMのホームページをリニューアルしました。
スマホへの最適化をして作ってみましたが、
時間が無くてなかなか完成しないので、途中ですが公開しちゃいました。
これまでもスマホ対応をちょっとはしてましたが、
タブレットも含めて完全対応してもっともっとホームページで集客を目指します。
とはいえリニューアルサイトは発展途上なので、
これからちょっとずつ手直ししていきたいと思います。
リニューアルにおいてアクセスが減らないかと心配でしたが、
結構その辺は慎重に対応したのでそういったことは今のところ無く、
スムーズにリニューアルに進めました。

さて、前回に引き続きSEOについて書いていきたいと思います。
どれも基本的なことですが、改めて確認しておきましょう。

——————————————-
目次

・人気のキーワードばかり狙ってない?
・そのキーワードは本当に大切?

——————————————-

——————————————-
人気のキーワードばかり狙ってない?
——————————————-

SEOの話になると、
人気のキーワードで上位表示してほしいっていう話になります。
ビッグキーワードというやつですね。
ビッグキーワードは検索されやすい、検索の回数が多いので、
上位表示されるとアクセスが増える可能性が高いです。
なので、当然ビッグキーワードで上位に!っていう話になるのですが、
ビッグキーワードで上位表示されたからといって、
問い合わせや売り上げが上がるとは限りません。
しかも、人気キーワードというのはお金も時間もかかりますしね。

人気キーワードで上位表示されるとアクセスは増えるかもしれませんが、
それが単純にホームページにとっていいかどうかという別なんですね。
人気キーワードが必ずしも重要だとは限らない、実はもっと重要なポイントがたくさんあります。
そういうったポイントというのは、人気キーワードで1位とかとるよりも簡単で、
なおかつホームページにとっても効果が高かったりします。

でも、多くの人は人気のキーワードで上位にすることを重要視してるので、
SEOの会社としては、そこにつけこんで
「お好きなキーワードで上位表示させます」という営業がバンバン売れる。
そういった営業は弊社にもよく来ますので、まだまだ売れてるんだと思います。
単一キーワードで上位表示なんていうのはもう時代遅れです。
もちろん、検索での上位表示はいいことなんだけれど、
もう少し広い意味でSEOに対するキーワードのことを知っておいてほしいと思います。

※人気キーワードがダメという話ではないですので念のため

——————————————-
そのキーワードは本当に大切?
——————————————-

人気キーワードで上位表示させたいっていう要望は、
誰もが思いつくようなメジャーなキーワードで集客しようということです。
単純に言えば、
「不動産」「美容室」「ウォーターサーバー」「エステ」
こういった単純ななキーワードは、たくさん検索されるかもしれないけれど、
お客さんになる確率は高くはありません。

ホームページに必要なアクセスって何でしょう。
ホームページに来てほしいお客さんってどんなお客さんですか。
もちろん、商品やサービスを購入してくれるお客さんですよね。
今狙おうとしているキーワードで本当にお客さんが会社のターゲットになる人たちでしょうか。
そこをもう一度考えてみてください。

不動産物件を探しているお客さんはたくさんいるでしょう。
でも、その中にはいろいろな需要があります。
一軒家を探している人もいれば、マンションを探しているお客さんもいますね。
住む家を探しているのか、収益物件を探しているのか。
家は庭付きじゃないと嫌だって言う人もいれば、高層マンションがいいていう人もいるでしょう。
そんな様々な需要を持ったお客さんを、
「不動産」という言葉で括って引っ張ろうとしてもなかなかこころをつかめません。

これって実は検索の話じゃなくて、マーケティングの基本になる部分です。
自分が欲しいものが目の前にあっても、それに気づかないことって本当に多いですよ。
特に、これだけの情報化社会になって「これ売ってます」じゃ誰も振り向いてくれません。
検索していて、自分の探していたそのものがパッと目に入らないといけないわけです。

サービスを提供する時には、実際に相手のことをかんがえてみると一番いいです。

子供が病気になったらどうやって検索しますか?
家を買ったり借りたりする場合は、どんな検索をしますか?
まずは地名は間違いなく入れるでしょう。
でも、その地名は大阪とか京都とかそんなざっくりとしたものではないはずです。
学校へ通うため、地方から都会へ出てきた人、
就職して会社の近くに住もうと思っている人、
結婚して静かな郊外に家を考えている人。
そう考えて、ある程度のエリアを決めていると思います。

次にどんな物件を探していますか。
一軒家、マンションのような建物はもちろん、
ベランダが広いとか近くに公園があるとか、色んな条件で探すと思います。
家を建てる人は、自然の素材にこだわった家とか、どこで建てた家かとか、
結構みなさん希望があって、その希望が明確な人ほど
すぐにでも買おうという人たちです。

こういった目的が明確な人に見つけてもらった方が、
確実に問い合わせや売り上げにつながります。

たくさん人が来るかもしれないビッグキーワードと、
膨大なアクセス数は望めないけれど、お客さんが欲しいであろうスモールキーワードではどっちが重要か。

ビッグキーワードはおそらくアクセスもそれなりに増えるかもしれないしもちろん大切。
でも、ビッグキーワードはみんなアクセスを期待して狙ってるキーワードだから上位に表示するのは大変。
競合がたくさんあるので、必死でそのキーワードで上位表示されるようにお金と時間をかけないといけない。
アクセスしてくれた人が必ずしもお客さんとは限らない。

じゃあ、その反対のスモールキーワードは?
キーワードにもよるけれど、ビッグキーワードに比べると明らかに競合が少ないので、
より少ないお金と時間で上位表示させることができるはず。
また、アクセスしてくれた人はお客さんである可能性がとても高い。

大きなキーワードを狙っても、時間とお金がかかるだけで、お客さんになるまでもたないかもしれない。
どんだけ頑張ったって、競合が多くていつまでも上位に表示されないかもしれない。
やっぱりホームページを初めて狙うべきは後者のスモールキーワードです。
いわゆる弱者の戦略というやつですね、限定された場所をピンポイントで狙うほうがいい。

スモールキーワードはアクセスが少ないからアクセスが増えないわけではありません。
キーワードは無限にありますので、たくさんのスモールキーワードで上位を取っていけばいいわけです。
ビッグキーワードで100人集めるよりも、スモールキーワード100個で100人集めた方が絶対楽です。
そんなことをしてるうちにビッグキーワードでも上位表示しちゃってたってこともありますけどね。

じゃあ、スモールキーワードでもいいからどうやったら集客できるの?
次回は、実際にどのようにしてアクセスを集めていくのかを具体的に解説します。