これは必ずしておきたい!価値を築くためにホームページには自分専用の独自ドメイン


ホームページやブログにはそのアドレスが必要になります。
そのアドレスは自分専用のアドレスですか。
自分専用のドメインをとっていますか。

レンタルサービスは賃貸のようなもの

あなたはホームページやブログをどこで運営していますか。
個人でホームページを作っている人の多くは、
安くて(もしくはタダで)簡単に利用できるレンタルサービスを使っているのではないでしょうか。
Yahoo、FC2、アメブロ、livedoorと様々なところからブログのサービスが提供されていますが、
それらは全てレンタルです。
そのアドレスを見てみましょう。
http://ameblo.jp/eight-shougun/
アメブロの場合、アドレスはこのようになっています。
このときドメインは「ameblo.jp」の部分です。
つまり、アメブロのドメイン上にブログが存在しているのです。

独自ドメインは資産

検索順位の評価基準はページ自体ではなくそのアドレスに評価がされます。
つまり、そのサイトの評価がそのままドメインの評価に影響してくるのです。
そして、その積み重ねが検索エンジンでの表示の位置に影響してきます。
ページを作れば、そのアドレスに色々なところからリンクやブックマークをされます。
そして検索エンジンからの評価もそのアドレスに対して行われます。
全てがそのアドレスに対して行われるアクションで、
その積み重ねを自分自身のものにするためにはアドレス自体を自分自身で持つ必要があります。
つまり、独自ドメインを持つということは自分のドメインを持つということなので、
ホームページに起こることが全て価値となって積み重なっていき、それはあなたの資産になります。

ドメインの売買が高額で行われている

ドメインの売買も活発に行われています。
珍しいドメイン名やなかなか取れない競争率の激しいドメインまで、
世界に1つしかないためにドメイン自体に価値が付けられて売買されます。
例えば、今からは無理ですが、あなたが「toyota.co.jp」のようなアドレスを持っていれば
世界のトヨタが黙ってないでしょう。
そのドメインが欲しいと、大金を持ってあなたの前に現われます。
名前だけでなく、その実績からそのドメインが売買されることもあります。
既にたくさんのサイトからリンクが貼られているドメインの場合、
ホームページを公開してからリンクを集める手間を省くためにお金を出してでも買おうとする人が出てきます。
また、ドメインエイジというものがあります。
そのドメインが利用できるようになってからの期間が長ければ長いほど検索エンジンでは評価されます。
昔に戻ってドメインを買っておくことはできません、
できるのは昔から存在する価値あるアドレスをお金を出して買うことです。
なので、昔のアドレスが高値で売れることもあります。
ドメインにはそれだけの価値があり、それを育てないというのはもったいないと思いませんか。

レンタルアドレスは誰のため?

レンタルサービスを使った場合、他人のドメインの上で活動することになります。
誰が得するかというと、そのドメインの持ち主であるサービス提供会社です。
また、そのドメインはサービス提供会社が持っているので、
もうこのサービス終わったから出て行ってくれと言われれば出て行かなければなりません。
今まで一生懸命やってきたものが全て0になってしまいます。
今まで獲得してきたリンクや評価も全て無くなります。
ホームページやブログは必ず自分の独自ドメインを使って運営してください。
全ての行動を価値として蓄積していくために独自ドメインは必要です。
※僕自身レンタルサービスを利用していますが、
 それはまた違った目的があります。
 レンタルサービスを利点を利用して自分のドメインの価値を上げるようにしていきます。

ドメインはどうやって取得するのか

ドメインはドメイン会社を通してドメインを契約します。
ドメインを提供している会社はたくさんありますが、
お勧めする会社は以下の2つの会社でしょう。
ドメイン自体は会社によってサービスが変わってくるものではありません。
なので、値段やサービスで決めるようにしたいです。


YCOMご契約の場合、これらのドメインの取得を含めて全て弊社で対応いたします。
お気軽にご相談ください。

アドレスを一度見直してください、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です