ホームページ作成ソフトはどれがいい?おすすめソフトをプロが答えます。


ホームページを作るのにどんなソフトを使えばいいのですか?とよく聞かれます。
ホームページの作り方を多少わかっている人とそうでない人ではその意味は変わってきますが、
実際にプロが現場で使っているソフトを中心に、何を使えばいいかを紹介します。

ホームページ制作ソフトには2つのタイプがあります

ホームページ作成ソフトの比較サイト、ランキングサイトでは混同されている

ホームページ制作ソフトといっても、その定義や目的は人によって違っていて、
検索してみるとそれらが混同されて表示されるため、まずはここから理解する必要があります。

ホームページ制作ソフトという言葉で検索すると、目的として2つのタイプが紹介されます。
1つはホームページ作成ソフトでHTMLやCSSのファイルを作ってホームページを作る方法と、
もう一つはホームページ作成サービスを使ってホームページを作る方法
に分かれます。

ホームページ作成ソフト

ホームページはHTMLやCSSという言語で作られており、それらをホームページ作成ソフトを使って作ります。
イチからホームページを作る方法で、ホームページとして実現したい機能は何でも作れます
作ったそれらのファイルをサーバーにアップすることでホームページが出来上がります。
ホームページの制作会社がホームページを作るときには、こちらで作成します。

ホームページ作成サービス

HTMLやCSSという言語は難しくてわからない、またはサーバーにファイルをアップするって何?
みたいな初心者や、手間をかけずにホームページを作りたいという方向けの、インタネット上で提供されるツールのことです。
サーバー上のホームページを直感的に、直接操作することができるので、知識が無くてもホームページをカスタマイズできるのが特徴です。
ツールとして提供されている以上、そのツールのできることに範囲は絞られてしまいますので、実現できる機能は限定的になります。
初心者で、ホームページ制作業者に頼らずにホームページを運用する場合に利用されます。

これらの2つを図であらわすとこんな感じ。

グループ 14

これらが、ホームページ作成ソフトとしてまとめてランキングとか比較サイトでおすすめとして紹介されていたりするので、
まずここを勘違いしてしまうと、目的の情報が探せなくなるので、あなたはどちらを求めているかをまず理解しておきましょう。

ホームページ制作ソフト

ホームページ制作ソフトと言われるものの中にも大きく分けて2つのタイプがあります。

総合パッケージソフト

私たちが思うホームページ制作ソフトっていうのは、
たとえばパソコンとかにインストールしてホームページを作るためのソフト。
HTMLやCSSっていうファイルをWindowsやMac上で作成してサーバーへ上げるという一連の作業をパッケージで提供しているツールだと思っています。
例えば、DreamWearverやホームページビルダーといったソフトは、ファイルの管理からHTMLやCSSの入力補助、プレビューやファイルのアップロードまで一連の作業がソフト内でできるようにパッケージ化されています。
初心者にとってはこれ一つでわかりやすく何でもできるので便利なのですが、総合ツールとしての特性上ソフトの起動などが重たいというデメリットがあります。
web-create

コードエディタ

実は、ホームページを作ること自体はこういった特別なソフトが無くてもメモ帳でも作れます
HTMLやCSSというもので構造やデザインを記述するのですが、その正体はただのテキストファイルです。
テキストファイルをブラウザが読み込んで、規格に沿った表示をしてくれるためホームページのようなものが見れるのです。
なので、ホームページ制作ソフトというものを使わなくても、メモ帳のようなテキストエディタでもホームページは十分作れるんです。
ただ、メモ帳ではホームページを作るにあたってシンプルすぎて便利とは言えません、
必要以上の機能はいらないけれど、コードを書く上であると便利な機能はやはり欲しいです。
そういった、コードを効率よく書くことに特化したエディタというのがたくさんでていて、私たち制作会社ではそういったコード専用のツールを使っていることが多いです。
例えば弊社の場合はVisual Studio Codeをお勧めしています。

Visual Studio Code

単純なコードエディタとして使う場合には、フォルダやファイルを一覧で表示するエクスプローラーの機能やコードの入力補助があります。
ファイル内検索も充実しているので、目的のコードにすぐにたどり着けます。
また、Git機能やプラグインによる機能拡張など充実したツールとなっています。
自分にとって必要な機能を追加・変更して、開発に適したツールにカスタマイズできるのが良いところです。
こういったツールを使う上で重視するのが、そのソフトの軽さですね。
開発に必要な最低限の機能だけが入っているので、総合パッケージソフトよりも速いです。
制作の過程では頻繁に切り替えや読み込みを行うので、その度に時間がかかっていてはストレスがかかりますし、開発効率の面でも起動時間というのは非常に重要な要素です。
※この点でお話しすると、コストを気にしてパソコンを買い換えない人とか、高くても買い換えた方がいいですよ
sample

ホームページ制作サービス

「ホームページ制作」で調べて、混同されて紹介されているのがこれ。
上でも紹介しましたが、ホームページをネット上で直感的に運用できるホームページ制作サービスです。
オンライン上に管理画面があって、ホームページを自分で作って触れるサービスです。
これは僕の中ではソフトというよりホームページ制作サービスですね。
HTMLやCSSなどのファイルを触るわけではなくて、そういったものをブラックボックス化して、そういうものの存在を知らなくて作れるようになっています。
わかりやすいUIで、直感的で簡単にホームページが作れることが特徴です。
それはそれでいいのですが、ブラックボックス化されていることで汎用性が犠牲になるため、プロはこういったものは使いません。
こういったサービスも、一部のサイトではホームページ制作ソフトとして紹介されてるので混同しないように気を付けないといけません。
ホームページ制作

ホームページ制作サービスは、誰でも簡単にホームページが作れるというのが最大のメリットですが、
デメリットとしては、ツールとして提供されている以上、ツールでできること以外のことはできません
例えば画像のスライドショーやアニメーションをホームページに設置できるかどうかは、このサービスがそういった機能を提供しているかどうかに依存します。
また、作ったデータはサービス上に保存されるので、そのデータを持ち出しできないということもあり、作ったホームページが無駄になる可能性もあります
なので、制作会社の場合、こういったサービスでホームページを作ることはほぼ無いのですが、あえてプロの視点から見ておすすめするサービスをここで紹介しています。
厳選!無料のホームページ作成ソフトのチェック項目を公開。プロ視点の重視したい機能の解説付き。

ホームページ制作ソフトとホームページ制作サービスの違い

ソフトなのかサービスなのか、わかりやすい分類の定義としては先ほど書いたようにHTMLやCSSを直接触るのかそうでないのかという違いです。
制作サービスは一般的にオンライン上で作業をして公開とすることが多いですが、そのデータはそのサービス上に存在しています。
サービスごとにデータの形式は違うことが多いので、別の制作サービスにデータを移すことは簡単ではありません
そのため、サービスが終了するとデータもなくなってしまうというリスクがあります。
一方、HTMLやCSSでファイルをアップロードする形の場合、データをアップロードする場所だけを借りている形でデータは手元にある状態です。
なので、ファイルは手元に自分で所有しているので、利用しているサーバーがサービス終了などで使えなくなっても、別のサーバーを探して同じデータで再公開することができます。
その他、HTMLやCSSを直接触るということは、その表現を最大限に生かすことができるというメリットもあります。

ホームページ制作ソフト ホームページ制作サービス
データの編集方法 HTML,CSSなどを直接変更 わかりやすい画面で直感的に変更
できること 表現が無限大 サービスの機能に制限される
拡張性(将来性) PHP,JavaScript、MySQLなど高度な機能も可能 提供されるプラグインなど
難易度 CSS, HTML直接触るので知識が必要 直感的で誰でもできる
データの移行 データは自分のものなので自由 データの提供形式などサービスに従う

ちょっとしたホームページを作ろうとする場合や、どうしてもコストがかけられずそれでもホームページは必要という場合にはホームページ作成サービスも1つの選択肢です。
ただ、きちんとしたホームページを自社の資産としてしっかり集客できるホームページを作る場合は、ホームページ作成ソフトを使ったホームページの制作をお勧めします。

ここからは、HTMLやCSSを直接使う形のホームページ制作ソフトについて書いていきます。

プロはホームページを作るのに特別なソフトはいらない?

プロって意外とみんなが使ってるツールで作ってたりします

ホームページをちょっとかじったことのある人と話をしていると、
「プロの人はどんなホームページ制作ソフトを使っていますか」って聞かれることがあります。
なんとなく、それを専門にしている人って特別なソフトを使っているじゃないかって思いがち。
実はあっけ,
にとられるほどシンプルだったりする。
特にモノづくりでは繊細なものほど、人の手で地道に作っていることも多い。

「どんなホームページ制作ソフト使っていますか?」って聞いてくる人は、
興味本位もあるだろうし、あわよくばそのソフトがあったら自分も作れるんじゃって思うのかもしれない。
信じられないようなきれいな写真を撮るカメラマンは、
カメラもソフトも素人には買うことのできないとてつもないものを使っていると思うかもしれないが、
意外にその辺で売ってるカメラであって、ソフトも人気のPhotoshopです。
プロの画家だからって特別なものを使ってるわけじゃありません。

ホームページ制作会社も特別なホームページ作成ソフトを使ってるわけじゃない

僕ら制作会社が使ってるソフトも例外じゃなく普通にどこでも買えるものばかり。
実は一般の人が思ってるような、ホームページを作るのに特別なツールは必要なくて、
一般の人がホームページの制作ソフトを使って作るのに対して、プロの場合はそんなものに頼らない知識と技術力があります。
文字の色を変えたり、レイアウトを変えたり、画像を配置したり、ホームページソフトでできることをプロはタグの手打ちで行ってます。
全部手打ちで書けるから、本当は特別なソフトなんていらない。
HTMLやCSSが書ければいいので、メモ帳があれば十分です。

だけれど、もちろん本当のことを言えばメモ帳なんて使いません。
より早くコーディングができることは、それだけ利益に直結するのでどうやったら早く正確に高品質なホームページが作れるかってことを考えています。
HTMLやCSSを早く書く方法やツールは確かにあります。
ただ、どれもこれもお金を出して買わないといけないものばかりではなくて、誰でも使えるようなものを使ってたりします。
それらを使う上での工夫とか、社内ノウハウとかで早く正確に高品質なものを作ることを実現しています。

そんな中で、このソフトが使いやすいとかいいよっていうお勧めするものは制作会社それぞれ持ってるはずです。
でも、誰にとってもベストはこれっていうのは無くて、一人で制作している会社と、チームで制作している会社では違います。
制作者のスキルでも使いやすいものがかわりますよね、スキルが無ければ簡単にホームページが作れるものがいいし、スキルが高い人は汎用性の高いものがいい。
プロにとっては簡単に作れるからって、いいソフトとは限らないんです。

プロが使っているホームページ制作ソフトとは

使っているソフトは人それぞれ

ということで、「プロはソフトなんて使いません!」となりそうですが、
もちろんプロはプロでソフトを使っていて、ただそれは一般の人が簡単にホームページを作れるから作っているのではなくて、HTMLやCSSを書くということをより効率よくするために使っています。
つまり、どのソフトの性能がいいかという能力的なところではなくて、
どのソフトが自分(もしくは会社)の開発スタイルに合っているか、開発効率を上げてくれるかということです。
だから、ソフトについてはコーダーの好みによるところも大きかったりします。
長期的な効率を考えると、何のソフトが一番良いのか検討は必要かもしれませんが、
短期的な効率の面では、結局慣れという部分が大きいので、
初めに手に取ったソフトをずっと使っているという人が多いですよ。

ホームページ制作ソフトは無料のVisualStudioCodeがおすすめ!

私は無料のVisualStudioCode(以下VS Code)を使っています。
かなり前はソース管理の必要性からDreamweaverを使用していましたが、今はgitとVS Codeの組み合わせで対応できます。
EmEditorとかSublime Textとか、いくつかのソフトも使いましたが、結局VSコードに行き着きました。
おそらくVS Codeを使っている率は非常に高いです。
少し古いですが2019年に調査されたデータではテキストエディタの利用率はこんな感じになっています。

9a3edf3d-1ef2-457f-b918-9b0e61268b06
出典:【令和元年の注目エディタは!?】決定版!2019年の人気エディタランキング|転職ドラフトReport

WEB制作系のエンジニアのツイートを追いかけていても、ほとんどの人がVS Codeな気がします。
使用している人が多いほどものほどネット上の情報が多く、フィードバックにより安定性や機能の改善も見込めるので、
特別な事情がない限り、迷ったらVS Codeでいいでしょう。

今どき使っている人はいないかもしれませんが、よく知られている「ホームページビルダー」はプロの世界では使いません。
いろいろと理由はありますが、それについてはここに書いています。
ちょっと古い記事だけど、
SEOにも不利!?ホームページビルダーなどのホームページ作成ソフトの欠点
要は、プロは自分でHTMLとかかけるので、ソフトは何でもいいんです。
いいソフトを使えばいいものが作れるわけじゃないです。
プロはメモ帳でもすごいサイトを作れてしまいます。
HTMLとかCSSを書く技術は身についているので、いかにそれを早くコーディングできるかっていうのが選ぶ焦点。
プロでない人はどうやって簡単に作るかなのですが、プロはコーディングをいかにスムーズにできるかという点んで選ぶ。
その違いが大きいのではないでしょうか。

プロがホームページ作成ソフトを選ぶ基準は?

じゃあ、何を理由に選んでいるか。
先ほど書いた通り、コーディング自体は自分でタグを書けることが前提で、あとは効率をいかに良くするかというところです。

ホームページ制作ソフトの軽さ

ホームページを作る時にはいろいろなファイルを開いたり編集したりするので、ソフトはできるだけ軽いほうがいいです。
ファイルを開いたり保存したりするのに時間がかかるようなものは、そのちょっとした時間の差が積み重なって開発効率の悪さにつながります。
なので、そういった意味で複雑なソフトを使わずに簡単なテキストエディタを使って制作する人もいます。

MTHLやCSS、画像などのファイル管理

ホームページを作る時には、HTMLやCSSのファイル、Javascriptや画像ファイルなどいろんなファイルを触ります。
それぞれのファイルをエクスプローラーから探して開いているのでは時間がかかるので、
ソフト自体にファイルを管理するウィンドウがあると便利です。
ファイル管理

コーディングスピード

プロとはいえ全てのコードを手書きするのは大変です。
少しでも楽になるように、コードを書く作業を補助してくれる機能がついているソフトも便利です。
タグを途中まで書くと、それに対する候補を出してくれる機能や、コードを色分けして見やすく表示される機能など、
インターネット上にはEmmetなどのコーディングを補助してくれるツールもあります。
ホームページ制作で起業を考えている人必見!プロも使うHTML/CSSコーディングに差をつける3つのツール。
最近のDreamweaverはEmmetは標準で搭載されていますし、
他のソフトでもEmmetを自分でインストールして使うことができます。
コーディング補助

ファイル編集管理

プロジェクトとしてホームページを作るときに、複数の人でホームページを作ることも多いです。
1つのソースコードを複数の人で触ることになるので、ソースコードの管理は大切になります。
自分が変更したファイルがほかの人によって書き換えられるようなことがあったら大変だから。
そういったことを防いでくれるチェックイン・チェックアウトという機能がDreamweaverにはあります。
Aさんがソースコードを触っているときはBさんは同じソースコードを触れないようになっています。
これで、安心してそれぞれがソースコードを触ることができます。
ファイル管理

他にも、CSSを早く書けるようなメタ言語や、ファイルのバージョン管理をする仕組みや、
プロならではの必要な機能をそれぞれの会社で導入しているかと思います。
それぞれ、会社のプロジェクトの進行が効率的になるように工夫して様々なソフトやツールを導入しています。
あくまでホームページを作る技術というものがあって、それをより効率的にするためにツールを選んでいるということです。
このあたりを参考にしてみてください。
ホームページ制作で起業を考えている人必見!プロも使うHTML/CSSコーディングに差をつける3つのツール。

もし、これからホームページを作ろうと思っている人は、
いくつか試してみて、自分の開発スタイルに一番合ったものを使うといいですよ。

大阪のホームページ制作会社YCOMの制作サービスのご紹介