URLとはドメイン上のファイルを指定しているだけ。ドメインとURLの関係を見てみる。


ドメインとは世界で1つのインターネット上の住所のこと

ドメインという言葉を聞いたことがあると思いますが。
ドメインとはインターネット上の住所のようなもののことです。
当然、重複する住所があってはいけないので、世界中で同じ住所、つまり同じドメインはありません。

ドメインとURLの関係

ホームページを表示する時に使うURLというものがありますよね、
このURLがページの場所を表しています。
これはホームページアドレスとも言われますね。
例えば次のようなURL。
http://www.y-com.info/service/make_hp/1.php
これは、表示したいページの場所を示しています。
この中の
www.y-com.info
これがドメインと呼ばれるものです。

トップレベルドメイン

www.y-com.info
の「info」にあたる一番後方の部分。
ここはトップレベルドメインといわれるもので、その組織の種類や国などの情報がアルファベットで表されます。
例えば「.jp」というのは日本(Japan)という意味。
よくみかける「.com」は商用ページという意味でcommercialの略。
このようにトップレベルドメインはそのドメインの属性を表しています。
トップレベルドメインの種類とその意味の一覧がここで確認できます

ホームページのアドレスはドメイン上のファイルのパスを指定しているだけ

ページそのものの場所を示すURLはドメイン上のパソコンにあるフォルダの考え方です。
http://www.y-com.info/service/make_hp/1.php
を例にとると、
http://www.y-com.info/
というのがドメインで住所、
そこにあるコンピューターの
/service/make_hp/1.php
という場所のファイルを示していることになります。
何も難しくありません、
URLはドメイン上のファイルの場所を示しているだけなのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です