少ないページでもホームページは営業にとってこんなに大切だということ



たった3ページのホームページでも営業にとってこんなに大切だということ

名刺にホームページアドレスを書いているか今すぐチェック!
今までに名刺を何枚配ったでしょうか。
そこにホームページのアドレスは書かれていますか?
電話番号しか書かれていないなんてことはありませんか。
もったいない!今すぐ名刺にホームページアドレスを書いてください。
ホームページやブログを持っていればひそかに勝手にあなたをリサーチしてくれます
あなたが名刺をもらった場合、
ホームページを持っている人がいれば思わず調べてしまうと思います。
今日会った人って何してる人だろう、どんな人だろう。
少しでも興味があれば当然知りたくなりますよね。
相手も同じ、あなたの名刺にホームページのアドレスを書いていると、
名刺をもらった人は思わずあなたのホームページをチェックしてしまうはず。
初めて会った人になんでも気軽に質問できる人なんて少ないです。
実は、名刺をもらって帰ってからひそかに夜にホームページでその人や会社をチェックしていることも多いのです。
直接聞けなかったことで疑問や質問がホームページに書かれているかもしれない
ブログを見ればどのような人かもっとわかるかもしれない。
営業されるといやなので、興味はあったが帰ってからひっそりホームページをチェックする。
なんてことは多くあります。
ひっそり自分をチェックしてもらえるように仕掛けておきましょう。
水のある場所を教えてあげましょう
名刺を交換したときに相手が自分のサービスを求めているなんて
タイミングのいいことはそうあるものではありません。
仕事を取るときに大切なのはタイミング、
そのタイミングを逃さないためには、逆に相手にタイミングを合わせられるようにしておかないといけません。

あなたは水を売っています、
水は人間に必要不可欠なものですが、人はいつでも水を求めてるわけではないですね。
喉が渇いたときに水が欲しくなる。
喉が渇いていないときに水を売っても買ってくれない。
喉が渇いているタイミングでお客さんに会いたいけれど、そんなにうまく行く方法は見つかりません。
逆にタイミングを相手に判断してもらいましょう。
喉が渇いたらここに水があります。喉が渇いたらいつでもどうぞ、そういう仕掛けが必要です。
ホームページはそういった仕掛けに大活躍。
会う人会う人に一言、
「サービスが必要になったときにはいつでもホームページを見てください。」
そうやっていろんな人に宣伝しておくと、必要になった人が向こうからやってくる。

ホームページをただ作るだけじゃなくて、
こうやって役割を知った上で運営していくことが大切です。
今すぐ、名刺にホームページのアドレスを、
そして水が欲しくなったらいつでも用意していますよと伝えるだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です