MAMPでサイト制作時、更新が遅いのはMAMPが原因かも!!


最近DLしたMAMPを使用して、
ローカルでサイトを制作していると更新が非常に遅い。
何度リロードしても更新が反映されずに困っていました。
犯人はchromeのキャッシュだろうと思っていましたが、
調べた結果、犯人はchromeではないことがわかりました。

今回は、一体誰が更新を遅くしているかを突き詰めたいと思います。

場所は、
/Applications/MAMP/bin/php/php5.5.3/conf/php.ini

php.iniファイルを開いて1085行目あたりのコードを見ます。

[OPcache]
zend_extension="/Applications/MAMP/bin/php/php5.5.3/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20121212/opcache.so"
  opcache.memory_consumption=128
  opcache.interned_strings_buffer=8
  opcache.max_accelerated_files=4000
  opcache.revalidate_freq=60
  opcache.fast_shutdown=1
  opcache.enable_cli=1

opcache.enable_cli=1→opcache.enable_cli=0と変更。
opcache.enable=0を新しく追加してください。

これでMAMPの更新がサクサク動き出しますよ!

犯人は、PHP 5.5.0から導入されたらしい拡張モジュール、

[OPcache]

だったんですね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です