2分で学ぶSEO

Knowledge

SEOについて、2分で学べる簡単講座。
大切なことをわかりやすく手軽に学べるようにシンプルに解説しています。

SEOテクニックだけでは効果は出ない

検索で上位に表示されるためのキホンで学んだように、SEOの本質はユーザーにとって役立つページかどうか。
ユーザーが求めているページをGoogleは上位に表示にさせようとします。

Googleは良いページかどうかをどうやって判断?

ところで、そのページがユーザーにとって役に立つページかどうかはどうやって判断しているのでしょうか。
これまで試行錯誤の連続で、これまでもそしてこれからも検索のアルゴリズムは改善されていきます。
これまで以上に、ユーザーにとってよいページというものが精度よく抽出されランキングされるようになります。

SEOテクニックはその流れの中で生まれたもの

Googleがアルゴリズムを改善するたびに、SEOを研究する人は何が判断基準となっているのかを必死で調べました。
そして、そこで効果があると推測されたものがテクニックとして利用されるようになりました。

これまでの主なアルゴリズムの変遷

  • ページ内のキーワードで判断

    検索キーワードに一致する内容のページを見つけるために、ページ内のキーワードの一致や数を評価して順位付け。

    SEOテクニック

    とにかく検索に関連するキーワードを詰め込むSEO。
    中にはテキストを画面外に隠したり、背景色と同一にするなどの隠しキーワードも多数出現。
  • 被リンクの量で判断

    外部からリンクで参照されるということはページが評価されたとみなして、たくさんのリンクが外部から貼られているサイトが評価された。

    SEOテクニック

    とにかくたくさんの被リンクをつける。
    大量にページを作ってそこからリンクを貼るというだけのSEO会社がたくさん。

これらはすでに効果が低い

これらのSEOは単独ではすでに効果は低くなっています。
テキストはキーワード単位ではなく、文章全体を評価しています。
被リンクはその質が重視されるようになりました。

しかも、いままでのSEOが逆効果に!

検索キーワードのためにページの本文の内容とかけ離れたキーワードがたくさん設定されているページは評価が下がります。
何十万も出して設置した大量の被リンクはペナルティの対象に。
※さらに何十万を払ってペナルティを解除しなければいけません

SEOテクニックは正しく使うこと

SEOのテクニックはそれぞれの時代に、やりすぎてしまうとGoogleを欺いて高評価を得ようという意図となってしまいます。
テクニックだけで上位を狙ったページはことごとく評価を下げられてしまっています。
SEOのテクニック自体は悪いものではないですが、正しく使わないと長続きしません。
本質的なページのコンテンツの評価をする能力はますます高まってきています。
まずはコンテンツありきで、制作したコンテンツをしっかりとGoogleに伝えるためにはSEOのテクニックはとても有効です。
最重点はユーザーの知りたいことを発信してあげること、そしてそれをSEOで正しく評価されるようにしましょう。
NEXT : 検索で上位表示させるSEOはなぜ難しいか

2分でわかるSEO

まずはご相談から、ホームページを作るのがはじめての方も気軽にお問い合わせ下さい。
0120-899-952
携帯電話の方:06-6948-8580
メールでのお問い合わせ 無料お見積り