ランディングページはなぜ売れるのか?初めての人が知っておきたいランディングページの役割。


ランディングページって何?

ランディングページは主にGoogleやYahooなどの検索時に出てくるような広告をクリックした際に表示させるページのことです。
PPC広告をクリックしてランディングページを表示
ここでは検索連動型のPPC広告を例に出していますが、広告にはいろいろとありますよね。
広告は広告主が作ることができるので何を伝えたのかがはっきりとしています。
「ダイエットのこのサプリメントを売りたい」「この不動産を売りたい」「この新商品を売りたい」
特にインターネット上の広告では、誰に対して広告を配信するのかを細かく決めることができたりするので、
広告をクリックする人がどういう人なのかとおいうある程度の前提の上で考えることができます。

ホームページに訪問する人の割合で多いのがGoogleやYahooなどの検索でしょう。
GoogleやYahooなどの検索ではどんなキーワードで検索されるかもわかりません。
また、検索時に表示されるページがどのページになるかもわからないです。
つまり、一般的な検索ではどんな人がどんな目的で入ってくるのかがわからないんです。
これが、広告と検索の違いで、あらかじめどのような人がどのような目的で訪問するかがわかっている広告では、
訪問してくるユーザーに合わせて効果的にホームページを作ることができます。
それによりコンバージョン率が大幅に上がって、より広告の効果を高めることができます。

このように、広告に合わせた特別なホームページのことを特に「ランディングページ」といいます。
「ランディング」とは着陸のことですね。
広告を見た人が、このページにランディングしてくるので「ランディングページ」というんです。

ランディングページの例

ランディングページはメッセージが明確で、売り上げに直結するページなのでどこも力を入れています。
1ページで完結するように作られているので、1ページに予算を集中できるということもありますね。
ランディングページは力を入れた素晴らしいものが多く、見ていても楽しいですよ。

ランディングページデザイン
ランディングページデザイン
ランディングページデザイン
ランディングページデザイン

ランディングページをもっと見たければ、
ランディングページを集めたサイトもあります。
ランディングページ集めました

ランディングページの価格の相場は?

気になるのがランディングページの制作費ですよね。
ランディングページは通常のホームページに比べてページ単価がかなり高いです。
具体的にいくらかということは、ホームページの制作費と同じく作る内容によるので一概に言えませんが、
たった1ページではありますが、値段は最低10万円以上。
1ページ作るだけでも数十万円かかることも珍しくありません。
なぜそんなにかかるのか?

商品やサービスを深く扱う

ランディングページというのは普通のホームページと違って、どのような人が何の目的で訪問するのかがある程度想定されています。
そのため、ホームページのように情報を広く浅く扱うというよりは、1つの商品やサービスについて深く情報を提供します。
深く情報を扱うということはそれだけ内容を深くまでページに盛り込むことになり、それを考えるために時間と費用が掛かります。

構成や内容を充実させる

ランディングページは商品やサービスを売ることに特化して作るので、
ページに入ってからそれを購入してもらうまで、離脱を少しでも少なくするために構成をしっかりと考え、
購入まで進めてもらうための充実したわかりやすい内容にする必要があります。
通常のホームページよりも何倍もの労力が必要になります。

1ページのボリュームが大きい

ランディングページは離脱数をできるだけ抑えるということが大切です。
そのため、ページの移動ということは行わず、すべて一貫してページに収めます。
そうするとどうしてもページのボリュームは長くなり、単純な量として費用が上がってしまいます。

デザインに費用がかかる

商品やサービスを売るためにはビジュアルも大切です。
テキストばかりの長ったらしいページではほとんどの人が離脱してしまうでしょう。
長ったらしいページを最後まで読んでもらうためには、楽しくワクワクするビジュアルの工夫が必要です。
そのため、デザインを工夫して写真を存分に使ったものにするためのデザイン費が高くなります。

予算を集中させることができる

以上のことは、通常のホームページでもできることならやってもいいでしょう。
でも、通常のホームページでは作るページの数が膨大です。
全てのページをこのように予算をかけるわけにはいかないですが、ランディングページは用意するページはたった1ページ。
なので、予算の多くを集中させることができます。

要は、ランディングページは通常のホームページの1ページと比べて、
圧倒的に考える量もボリュームもデザインも違います。
そのため、たった1ページといえどもそれなりの費用が掛かります。

ランディングページは必要なのか?

そんなに高いお金をかけてまでランディングページが必要なのかって思いますよね。
ホームページがあれば、広告からホームページに飛ばせばいいじゃんって。
たとえば、サプリメントの会社がダイエットに効果的といわれているある商品があったとします。
サプリメントの会社はその特定の商品を売りたいわけですよ。
次に、既存のホームページを利用するのがなぜよくないかを考えます。
※あくまで説明用なので、ここに表示されるサイトがいい悪いということではないです。

ホームページに飛ばしてみる

PPC広告からホームページにジャンプするようにしたとしましょう。
広告では、すでにダイエット商品についての広告を出しているので、
ダイエットに効果的なおすすめの商品を広告として出しています。
例えばこんな感じで、
PPCのダイエット広告
で、興味ある広告をクリックします。
そして現れたページがこちら、
ダイエットサプリメントトップページ
もし、広告をクリックしてこのページにジャンプしたらどうでしょうか。
興味のある広告をクリックしたら、ホームページのトップページに飛ばされて、ここからまた商品を探さないといけない。
せっかく興味をもってクリックしたのに、肝心の商品はどこにあるのかわからないっていうことになると購入の確率はぐっと下がってしまいます。

商品ページに飛ばせばいいじゃんと思うかもしれません。
ですが、ホームページの中での商品ページの位置づけとランディングページとしての商品ページの位置づけは全く違います。
ホームペーじではこのように購入用のカートが載っているだけということが多いのではないでしょうか。

商品購入ページ

検索からクリックした人の多くは、興味があるけれどどれを買おうかを迷っている人も多いです。
ホームページの中ではサイト全体の中で商品の購入ページとしての位置づけとしてこのようなページでもいいのですが、
検索から直接入ってくるランディングページとしては、買いたいと思わせるまで持っていくためにはちょっと弱いですよね。

このように、一般的にはホームページをランディングページとして代用するのはちょっと問題があります。

PPC広告とコンバージョンの関係

PPCとも言われる検索と連動した広告は、1クリックでいくらという課金形式です。
なので、クリック数が多ければ多いほど課金される金額が多くなります。
ここで、ランディングページのコンバージョン、つまり売り上げにつながる確率について考えます。
単純な話ですが、100人の人が来ると1人に売れるとすると、そのランディングページのコンバージョン率は1%です。
PPC広告が1クリック200円として、1万円の商品を売りたいとします。
100人がページに訪問して1人に商品が売れる、
その時にお金で考えると広告費100人×200円をかけて、1万円の売り上げということになります。
なので、この場合2万円のコストで1万円のものを売るということになって赤字です。
売れば売るほど損します。

ランディングページを改善して50人に1人売れるページになったとしたら、
1万円(50×200円)の広告費で1万円の商品が売れてとんとんです。

30人で1人に売れるランディングページであれば、
6000円で1万円の商品が売れて、4000円の利益が出ます。

つまり、ランディングページにおけるコンバージョン率というのは利益に直結するもので、
とりあえずたくさん人を読んで売れたらいいやという考えではだめなんです。
たくさん人を呼び込めば呼び込むほど広告費はどんどんかかってくるので、その分売れないと大赤字です。
なので、ランディングページをとりあえずホームページあるからいいやっていう考えで広告をするということはすごくまずい。
広告を使ったホームページでの商品の販売というのは、コンバージョンがすごく大事で、コンバージョンを第1に考えるくらいでないといけません。
逆にコンバージョン率の高いランディングページを持つということは、
あとは広告を打てば打つほどもうかるということになります。
すごーく単純化して書いていますが、要はそういうことです。

ランディングページをおろそかにするというのはそういうことで、
数パーセントの違いが、広告を打てば打つほど大きな売り上げの差になって返ってきます。
インターネット広告初心者の人は、ランディングページはお金がかかるからホームページでいいやという方が多いのですが、
PPC広告を、ランディングページを持たずに運用するということ自体がコストになる可能性が高いです。

ぜひ、しっかりとしたランディングページを作って広告を運用しましょう。