ブログのネタに困ったら。記事のネタを途切れさせない7つのアドバイス。


ブログ書いてくださいって言ってもほとんどの人が書けない。
一つは単に書くのが面倒くさいだけだったりしますが、それは置いておいて、
何を書けばいいのかわからないー
ですよね。
単に面倒くさいのをこのように言って逃げている人も多数なのですが:笑。
いろいろとアイデアを出しますが、
僕自身もブログを書くときにネタ探しは結構大変です。
何もネタがないときは、仕事で感じたこととか何も考えなくてもかけるけれど、
仕事とかサービスから大きく外れないものを書きます。

ネタをどう仕入れるか、どう考えて探せばいいかというのを少しまとめてみます。
企業のホームページを運営していて、ブログを書かないといけないけれど、
何を書けばいいの変わらない!という方は参考にしてください。

1.まずは気軽に考えよう

いきなりネタ探しっていう本筋からずれますが、
何かすごいことを書かないといけないとか、きっちり書かないといけないとか、
そういう気持ちをまずは捨てましょう。
大きなサイトになってくると、無いほうがいいようなしょうもない記事も出てくるかもしれませんが、
ホームページを始めてすぐはとにかく何でもいいので、仕事に関することを書いてみましょう。
単なる日記はお勧めしませんが、仕事での出来事くらいなら日記でも多少の効果が出ます(特に初期は)。

2.仕事でいつも話していることでいい

お客さんから電話で問い合わせがあったら商品やサービスについて話しますよね。
問い合わせの多くは質問が含まれると思うので、
その質問について書いてはどうでしょうか。
お客さんにサービスの良さを伝えるときに、必死で話をしますよね。
それをそのままテキストにしましょう。
なぜかブログになるとそれができないという人が多いですが、難しく考えずに書いてみましょう。

3.定期的なイベントとか

毎週セミナーをやっているとか、毎月キャンペーンをしているとか、
毎週イベントを開催しているとか、定期的な会社のイベントはそのまま記事になります。
楽しそうな参加者の様子を伝えれば、それを見た新しいお客さんが参加してくれるかもしれません。
毎週のイベントなら、週に1回はブログのネタを確保です。
イベントの楽しそうな写真を撮って、イベントの様子と一緒にアップしましょう。

お客様から寄せられる声はそれだけでネタになります。
掲載の許可が必要ですが、お客さんの生の声はユーザーに響きます。
お客様の声を常に集めていれば、定期的に書くことができてネタに困りませんね。
また、制作実績や導入実績などもネタに困りません。
仕事をしていれば必ず生まれるものですし、本当に良いサービスであればこれほどいいアピールはありません。

4.ニュースについて書いてみる

ニュースといっても一般のニュースではなくて業界のニュースがいいでしょう。
一般のニュースでも今話題のニュースはアクセスを集めやすいのでとても効果的です。
話題のニュースをうまく仕事の話などに結び付けるのがコツです。
お客さんが知りたい情報を伝えてあげましょう。
あなたにとってはすでに遅い情報でも、お客さんにとっては最新情報であることは多いです。
業界で話題のネタなどあれば、ブログで発信するといいでしょう。

5.ネタが尽きて来たらライバルをチェック

ネタが尽きる前に見たっていいですが、ライバルのブログは要チェックです。
どんなことを書いているのかなって、興味本位で見てみましょう。
おー、これだったら書けそうっていうブログネタが必ずあります。
うまくやっているライバル会社があれば、なお研究する価値があります。

6.ちょっと高度だけれど、キーワードをチェック

GoogleAnalyticsやSearchConsoleを使えば、どのようなキーワードでホームページに人が来ているのかがわかります。
ブログを書けば書くほど、いろんなキーワードで人が来ていることがわかります。
中にはあまりに気にしていなかったけど、検索回数が多いキーワードが存在したりします。
その時はチャンスです。
キーワードからそのユーザーの知りたい情報を推測して、
同じようなキーワードで上位に表示されるライバル会社を探します。
そこに書かれているコンテンツを読めば、記事のヒントになるでしょう。

7.世間の声を聞いてみる

世間の声を聞くといっても、見ず知らずの人に声をかけるわけにはいかないですが、
世の中は便利になったもので、困った人とそれを助ける人が交流する場があります。
「Yahoo!知恵袋」に代表される質問サイトです。
ここではいろんな人の困ったがたくさん載っていて、
自分が思いつかないようなネタがたくさんあります。
これをもとに記事を書くと、「これ知りたかったんだ」っていう良記事が書けるはず。
質問サイトについてはこちらで書いたので、どうぞ。
本当は教えたくない。ブログのネタに困ったらこれが最強!?QAサイトはネタがザクザク。

8.まとめ記事

これは向き不向きがあると思いますが、人気のまとめ記事を書いてみましょう。
世の中に散乱している情報をうまくまとめてあげれば、ユーザーは必ず集まってきます。
みんな情報を探すのは面倒ですからね、情報がまとまったページがあればとっても便利です。
まとめ記事を書くには結構体力がいると思います、情報を調べてこないといけないので。
すらすら記事を書けても、情報収集が苦手な人には向かないでしょう。
逆に文章が苦手でも、情報をまとめて紹介するだけで人気の記事になる可能性が高いです。
どうでしたか?自分でもできそうって思えるものはありましたでしょうか。
ブログのネタが浮かばないのは、ネタ探しに慣れていないからだと思います。
まずは、上の項目に従って日々ネタを探していれば、
そのうちネタを探すのに困ることはなくなってきます。
ネタが見つからないのは、ネタが見えてないだけです。
どうでもよいと思っていることでも、ネタを探すのがうまい人が書けばおもしろい記事になったりします。
まずはネタ探しの癖をつけてみましょうね。