影響範囲はビジネスにまで。140文字以内で発信する短いメッセージ – twitter(1)


最近twitterというものが流行っていて、インターネットに詳しくない人は何のことだろうと思っている人が多いと思います。
twitterというのは簡単に言うと自分の周りにいる人に対して、140文字までの短いメッセージを発信するためのツールです。

今では個人でもさまざまなインターネット上のメディアを使って世界中の人々に情報を発信できるようになりました。
以前はホームページを使って情報を発信していたのですが、
その後誰でも簡単に日記感覚で情報を発信できるブログというものが出てきました。
ブログはホームページに比べて簡単に情報を発信できる手軽さから
専門家はもちろん、一般の人から芸能人まで多くの人が情報を発信してきました。
twitterというのはさらに気軽に情報を発信できるものとして考えていいでしょう。
もともとは自分が今何をしているかを友達同士で共有しようと、メッセージを気軽に発信できるツールとして作られたものでしたが、
そのうちその手軽さから生まれるコミュニケーションの面白さから一気に世界中に広がっていきました。

twitterの特徴は何といっても気軽につぶやけること。
特に今ではiPhoneなどに代表される携帯メディアでいつでもどこでもインターネットにアクセスできる状態の人も多いので、
電車の中で起こったことだとか講演会の内容を逐一報告したり、ちょっと気づいたアイデアを発信したりと、ちょっとしたメモ的に気軽に書くことができます。
長い文章を書くとなると気合を入れて書かないといけなかったけど、140文字程度のテキストなら思いついたときにいつでも書けますよね。
逆に読むほうも長い文章を読むのに比べて、短いメッセージで周りの今を知ることが出来て気軽に情報を仕入れられます。

こういったことからtwitterはどんどんとみんなに使われるようになってきました。

大阪のホームページ制作会社YCOMの制作サービスのご紹介

「影響範囲はビジネスにまで。140文字以内で発信する短いメッセージ – twitter(1)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です