オリジナル404ページの作り方。アクセスを減らさないために、リニューアル後は404ページも忘れずに。


サイトをリニューアルしたりしたら、ディレクトリやページのURLが変わったりするのはよくあります。
でも、すでにGoogleなどの検索サイトにはインデックスされているし、ページがダイレクトにお気に入りとかに入ってることがあります。
リニューアル後にしらずにアクセスしたら
404 not found
こんなページが表示されます。
見たことある人も多いでしょ。
このURLは存在しませんよっていうページなんだけど、
初めての人が見たらエラーか何だか、大げさなイメージありますよね。

検索して来てもらったり、ブックマークからせっかく来てもらったんだけど、
「このページなくなっちゃったんだ・・」ってことで直帰してしまいます。
実際はホームページをリニューアルして、これからまたバリバリSEOするぞ!っていうときに、これはもったいないです。

で、こんな時のために、ページが見つからなかった時のためのページを用意しておくことができます。

「ページが見つからない!」こんな時こそおもてなし。楽しい「404 not found」を集めてみました。

そもそも、どのページもいつまでもあるとは限らない、
もしかするとURLを打ち間違うかもしれない。
なので、独自で404ページを用意しておくのはとっても大切。

YCOMでも、こんな404ページを用意しています。

404 not found

これで、存在しないアドレスにアクセスしても、YCOMのサイトが存在することはわかるし、
ボタンでトップページに誘導してあげると離脱する人の数も減ります。

どうやって、この404ページを有効にするのか。

404ページの設定の仕方

オリジナル404ページのしくみ

404ページを表示させる仕組みはこう。
ページが見つからなかったときには通常エラー画面が出るのですが、
設定によって好きなページにリダイレクト(転送)をさせることができます。
404ページの仕組み
エラー時には自動的にトップページに移動するようにリダイレクトを設定してもいいけれど、
例えば、料金表に行こうと思ったら自動的にトップページに移動すると、
「あれ?料金表行きたかったのに・・・」ってなるので、
ページはもう存在しませんよということを伝えるページを作っておくといいんです。

ページごとにリダイレクト先を設定も可能なので、
できれば料金表はこちらのページに移動しましたとか個別でやると便利なんだけれど、
それが大変なら、とりあえずは自前の404ページを作って、トップページへ促してあげるといいです。

404ページを作る

ということで、まずはリダイレクト先の404ページを作ります。
404 not found
エラーページをこのように改造しているのではなく、
既存のページに飛ばしているだけなので、404.hmlとかの名前で404専用のページを作るだけです。
好きなように作ってください。

リダイレクトを設定する

次にリダイレクトの設定です。
.htaccessという人によっては見慣れないファイルを使います。
サーバー上に既にファイルがあればそれを編集してもいいですし、
もしなければFTP上で.htaccessというファイルを作ってください。
この「.」で始まるファイルはwindowsでは作れないので、FTP上でリネームして作ります。
サイト全体で404ページを使うので、.htaccessのファイルはトップページと同じフォルダに置きましょう。
.htaccess
で、この.htaccessというファイルに以下の記述をしてください。

ErrorDocument 404 リダイレクト先URL

弊社の場合だとこうです

ErrorDocument 404 http://www.y-com.info/404.html

たったこれだけ、簡単ですね。

ユーザーにとったら、探していたページがなかったという残念なページなので、
逆にちょっとサプライズなページにしておくと、なんかちょっと気がまぎれます。
404ページを工夫しているページはたくさんあります。
「ページが見つからない!」こんな時こそおもてなし。楽しい「404 NOT FOUND」を集めてみました。