試してみよう。ちょっとしたことでブログの文章が今よりもっと良くなります。


まず断っておきますけど、僕の書くブログがすごいわかりやすい文章で書かれているという気はありませんのでw。
わざわざ言わなくてもいいですかねw。

とにかく、少しでもブログを面白くわかりやすく書きたいですよね。
実際にブログを書いてみたけど、読み返してみると何が言いたいのかわからないということ結構多くて、
内容が悪いのか文章が悪いのかわからないですけど、とにかくちょっとでも文章をよくしたい。
内容が良いほうがいいですけど、内容が良くても文章が悪くてうまく伝わらないこともあるし、
大した内容じゃないのに、この人の話なんか面白いみたいな人いますもんね。
けっこう内容じゃない部分が大事だったりするんです。

まず、ブログを書くときには目の前の人に話しかけるようなイメージで文章を考えてみてください。
これ結構大事ですよ。
普段面白い人なのに、文章になると途端に内容が硬くなったりするので。
それで、書いた後にはその文章を読み返すんですけど、その時に実際に声を出して読んでみます。
おかしな文章のところは、実際に声を出して読んでみるとなんとなく違和感があったりするので、
その時は「実際に声に出して話すときはこの部分どう言うかな」って考えてみたらいいですよ。
書くより話す方がみんな慣れてるので、普段話すようなことをそのまま文章にしたらいいと思います。
書くのは苦手でも、話すならなんとかなりますよね。
なんなら、最初は文章にかかずにレコーダーで話を録音して、それを文字に書き起こしたら一番いいかもしれません。

ホームページ作るときに、文章を考えてもらうために「資料に文章書き込んでください」ってお願いしたら全然書けないけど、実際にあってヒアリングしたらいいたいことどんどん出てきます。
内容が思い浮かばないのはアウトプットの仕方が悪いんです。
散歩中にブログのネタ思いついて、めっちゃいい記事かけそうってテンション上がって帰ってきても、
いざブログを書こうとしたらうまく書けないんです。
頭の中から手を動かして形にするまでの距離は長いので、それよりは会話する感覚で口で音を出してみる方が自然です。

僕はカフェでブログを書くことが多いから、さすがに声出してると変な人と思われてしまうのでw、
頭の中で音読する感じです。
頭の中でも実際に声を出してしゃべっている気持ちで文章を考えると、なかなか自然な文章になりますよ。

先に断りましたけど、僕のブログの記事がいい感じにかけてるというわけじゃないです、
こういうこと書くと、そういうお前の記事はわかりにくいといわれそうですが、
同じ人が書いたときに、こう考えると少しでもよい文章が書けますよということで。

ぜひ試してみてください、いい感じで書けるようになります。