SEOよりも大切。名刺やポイントカードなどあらゆるものを利用して固定客を増やす


名刺からホームページにアクセスしてくれる人は意外と多い

ホームページの制作の仕事をしていると毎日のようにアクセス解析を見てますが、
当然自分の会社のホームページも見ています。
たまに、ノーリファラーといって検索エンジンでもないし、どこかからのリンクで訪問したわけでない人が増えてます。
一般的にノーリファラーの理由は、お気に入りからのアクセスだったり、直接URLを入力してのアクセスだったりいくつかあります。
ワイコムのホームページでノーリファラーが増えてるときってたいてい交流会に行った日の次の日が多いですね。
つまり、交流会で名刺をいっぱい配るので、名刺に書かれているアドレスを見てアクセスしてくれている。
僕自身もそうですが、実際にお会いして名刺を交換した人がホームページとかブログを持っていたら気になります。
次の日にお礼のメールを送る前に、もう一度その人のことを知るためにURLにアクセスするようにしています。

SEOも大事だけど、自分自身で地道にアクセスを稼ぐことも大切

アクセスが少ないと困っている人も多いと思いますが、
そういった自分で足を運んでアナログの世界で交わしたものからもアクセスを稼ぎ、
そして自分の仕事に興味を持ってもらえるようなホームページにしておくと固定客が少しずつついてきます。
SEOばかり取り上げられがちですが、時間もかかるしお金もかかります。
SEOをやりながらも、きちんと自分で動いてホームページへ訪問してもらえる人を作っていくということもしなければなりません。
それは名刺に限らず、ショップであればお持ち帰り用袋にアドレスを入れたり、ポイントカードにURLを入れたり
いろいろな方法でアドレスを広めることができます。
それはホームページのトップページである必要は無く、
よくある質問集などを用意したり、レストランならレシピページを用意したりして、
配布するシチュエーションにあわせたページへ誘導すると効果的です。
そういったお客さんは検索で来るお客さんよりも固定客になる可能性が高いので、
数としては小さくても効果は抜群です。
ぜひぜひ、自分でできることを考えて行動してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です